ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの愛生会病院が公式サイトの閉鎖を発表 「ウェブ遺産に」の声も

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

埼玉県久喜市にある愛生会病院は地元では老舗の総合病院として知られていますが、インターネット上では病院の公式ウェブサイトが一種の“名物”として有名でした。

1998年にサイトを開設して以来、インターネットが本格的に普及したこの時期のウェブデザインでよく見られた一行の文章に複数の原色やフォントサイズを使用したり、点滅速度が速いGIFアニメーションを多用するデザインは4年も経過すると懐かしさを感じさせるようになりました。長時間見続けると目が痛くなりそうなトップページの上部で、スクロールして来る水色の文字に表示される推奨閲覧環境やサイトの製作環境で挙げられているソフトのバージョンや通信回線速度も時代を感じさせます。

推奨する Browser は Microsoft Internet Explore(Ver 6.0)で、全画面表示とするのが至適の様です。
Home Page を Microsoft FrontPage で作成しました。
その関係で、Netscape とは相性が悪く Version によっては全く受け付けないモノもある様です。
同最新版(Ver 6.2)でも、「スクロール文字」が動かず、BGM が鳴らない様です!
一部では画面の基調である表構造が消えないかも・・・・・・。
各 Page は 800×600 ピクセルの画面構成・文字サイズ「中」で作成しましたので、 Note型(=Book型)マシーンですとレイアウト異常が生じる事もある様です
(現在使用されている HTML の限界に類するモノもある様です)。
native な画像の大部分は Matrox Millenium II(8megabite)で作りました。
例によって jpg-Image は video-card が異なるとうまく再現出来ない事もある様ですネ!
(中略)
通信速度が64,000bps 以下ですと「重い」かもしれません!

2002年11月には『2ちゃんねる』でブームを巻き起こすなどネット上では一種の“名所”のような扱いで有名になり、それから10年以上が経過した現在も病院のサイトは往時の姿をほぼそのまま留めていました。ところが、5月14日に院長の次男でクラブジャズバンド・Blu-Swingのドラムを担当している宮本“ブータン”知聡さん( @miya_blu_swing [リンク])が『Twitter』で病院のサイト閉鎖が決定したと言う発表を行い、ネット上で話題となっています。

【続報】『愛生会病院のHPが閉鎖』 …残念ながら、 …本日、院長が「2ヶ月以内に閉鎖する」という声明を発表しました。。。 twitpic.com/cqiyfd

(出典:https://twitter.com/miya_blu_swing/status/334318980703588352 [リンク]

「愛生会病院のサイト閉鎖決定」の報に対しては『Twitter』でも閉鎖を惜しむ声が相次いでおり、中には「ウェブ遺産として永久保存すべき」と言う意見も出ています。

なお、サイトの開設は1998年ですが『2ちゃんねる』で有名になる前に一度リニューアルしていることは余り知られていません。リニューアルされる前の旧バージョンのサイトは、2000年頃にBotで保存されたものが『Internet Archive』に残されています( http://web.archive.org/web/20000422010752/http://www.aiseikai.or.jp/ [リンク])。また、2002年に『2ちゃんねる』で有名になった頃はトップページを開くとテレビドラマ『太陽にほえろ』のテーマソングがMIDIで演奏されるようになっていましたが、無許可使用だったためJASRACの警告を受けて2005年頃に停止されたそうです。


参考:検索NGワードの代表格、愛生会病院のHPが近々閉鎖することに
(NAVERまとめ)
http://matome.naver.jp/odai/2136856147343564501 [リンク]

画像:愛生会病院トップページ
http://www.aiseikai.or.jp/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「84oca」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP