体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『GALAXY S 4』『Xperia A』の“ツートップ”端末とネットワーク品質向上で攻勢かける ドコモ2013夏モデル発表会レポート

『GALAXY S 4』『Xperia A』の“ツートップ”端末とネットワーク品質向上で攻勢かける ドコモ2013夏モデル発表会レポート

NTTドコモは5月15日、『2013夏モデル 新商品・新サービス発表会』を開催。Androidスマートフォン10機種とAndroidタブレット1機種を発表した今回の発表会では、『GALAXY S 4』と『Xperia A(エース)』の2端末を「ドコモ2013夏モデルのツートップ」として大々的にフィーチャー。さらに、LTEサービス『Xi』のエリア拡大と高速化について時間を割いて説明し、“ツートップ”端末とネットワーク品質の向上で攻勢をかけることを明らかにしました。この発表会の模様をレポートします。

※すべての画像が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください。
http://getnews.jp/archives/340685

ドコモのツートップ『GALAXY S 4』『Xperia A』を発表

ドコモのツートップ 『GALAXY S 4』と『Xperia A』

発表会には代表取締役社長の加藤薫氏が登壇。新端末ではまず「ドコモのツートップ」を紹介する映像を上映、『GALAXY S 4 SC-04E』と『Xperia A SO-04E』の紹介に入ります。

『GALAXY S 4』『Xperia A』を発表

「この夏、自信を持ってお勧めするドコモの顔と言えるツートップ2機種」と加藤氏。春モデルで『Xperia Z』を異例の“イチ押し”と紹介して印象づけたのに続き、夏モデルでも異例の“ツートップ”押しで両端末を強く印象づけています。

価格面でもプッシュ

価格面でも“ツートップ”を強くプッシュしています。この2機種についてはiモード携帯電話から乗り換えのユーザーには最大1万円の『はじめてスマホ割』、10年以上継続のドコモユーザーには最大1万円の『ありがとう10年スマホ割』を適用することで、『Xperia A』については「実質5000円」(加藤氏)と、具体的な販売価格について言及しました。発表会の説明員によると『Xperia A』は機種変更時の端末費用が2万円台半ば、『GALAXY S 4』はそれより少し高くなるとのことですが、これら2機種は他の端末と比べて比較的安価で提供されることは間違いなさそうです。

ゲストによるフォトセッション

ゲストとして登壇した、CMキャラクターの渡辺謙さん、松坂桃李さん、石原さとみさん、橋本愛さんのフォトセッションでも、全員が“ツートップ”端末を手にしてアピール。

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。