ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AndroidからiPhoneへの乗り換えシミュレート!乗り換え後、DLしているアプリが使えるかテストできる「アンドロフォン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

さまざまなアプリを駆使することで、今やパソコン以上に便利に使えるスマートフォン。ただ、「スマートフォンから別のスマートフォンに乗り換えたい」と思ったとき、「このアプリは、乗り換えたスマートフォンでも使えるのだろうか」と不安になることもあるかもしれない。今Androidのスマートフォンを使っていて、iPhoneへ乗り換えを検討している人なら、「アンドロフォン」が便利そうだ。

「アンドロフォン」は、Android端末にダウンロードされているアプリの情報を取得し、それらのアプリを一覧で表示。その後、“変換”ボタンを押すだけで、iPhoneに対応しているかどうか判別し、対応している場合、iPhone版をアイコンで表示する。もし、対応するアプリがない場合、似たような機能の類似アプリを自動的に表示するようになっている。壁紙も変わるので、“メニューを隠す”設定にすると、Androidなのに、ほぼ見た目はiPhoneのようになり、乗換え後のシミュレーションができてしまう。この結果は、Facebook、Twitter、LINEでシェアできるので、友人たちと話題にして楽しめそうだ。

また、気になるアプリがあれば、“気になる!”ボタンをタップしておくと、Android、iPhoneのそれぞれの端末ごとにリスト化してくれるので、該当するアプリを後からじっくり調べることもできる。このユニークな“iPhoneアプリ変換シミュレーター”「アンドロフォン」は、無料でGooglePlayストアで配信中。

アンドロフォン

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP