ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、NFCに対応した新型Bluetoothヘッドセット「Stereo Bluetooth Headset SBH50」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileは5月13日、NFCに対応した新型Bluetoothヘッドセット「Stereo Bluetooth Headset SBH50」を発表しました。SBH50はBluetooth v3.0対応のワイヤレスヘッドセット。解像度128×36ピクセルのOLEDパネルを搭載したコントローラー(受信機)とインイヤータイプの有線イヤホンで構成されています。「Smart Wireless Headset Pro」の後継製品といった感じです。SBH50では、Bluetooth A2DP対応の音楽機器やスマートフォンなどの音楽をワイヤレスで再生すること、Bluetooth HFP対応の携帯電話やスマートフォンでハンズフリー通話をすることのほか、コントローラー部分にFMチューナーが内蔵されており、単体でFMラジオを視聴すること、Google Playストアのコンパニオンアプリを利用することで、不在着信やSMS、Androidの通知をOLEDパネル上で確認することができます。前機種(SmartWireless Headset Pro)では非サポートだったNFCの”ワンタッチ接続機能”に対応しており、Xperia ZなどのNFC対応スマートフォンやタブレットをかざすだけでBluetoothのペアリング設定や接続・切断なども行えます。SBH50はマルチペアリング・マルチポイントに対応しており、複数の端末とペアリング(最大8台)・接続(最大2台)することができます。対応プロファイル(HFP v1.6、A2DP v1.2、AVRCP v1.4)。バッテリー容量は115mAhで、スタンバイ時間は400時間、音楽ストリームと通話時間は8時間。ボタンは電話キー、応答/終話キー、再生・一時停止キー、前後のトラック切替えキー、メニューキー、バックキー、ボリュームキー。SBH50の発売時期は2013年Q2。価格は発表されていません。カラバリはブラックとホワイトの2色。Source : Sony Mobile



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony MobileがXperia ZRのホワイトペーパーを公開、OptiContrastパネルを採用しているほか、ANT+通信にも対応していることが判明
Samsungディスプレイは6インチパネルの量産を計画、Galaxy S 4 miniの主要スペックも判明
Google、Gmail/Googleドライブ/Google+の写真のストレージを統合、無料15GBに

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP