ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

日本一インスタントラーメンを食べる女と市販のカレーを出す店に行ってみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

カレーバー『マジックカレー』店内

カレーバー『マジックカレー』店内

ブログ『日本一インスタントラーメンを食べる女』を書いているモデル・麻布台綾子さんと、六本木のカレー屋に行くこととなった。なんでもこのカレー屋、市販のカレールーからカレーを作り、お客さんに提供しているという。スパイスを吟味して徹底的に作りこんだカレーではなく、市販のカレールーで作るとは、別の意味ですごい!

ということで、市販つながりのインスタントラーメンを食べ続ける女・麻布台綾子さんと六本木の『マジックカリー』へと向かったのだった。そして、衝撃の事実を目撃することになったのだ!

まず驚いたのが、カレー屋だと思ったらバーだったこと! そして、おしゃれなバーなのに『バーモントカレー』や『ディナーカレー』、『こくまろカレー』などの市販のカレールーを使用したカレーを実際に料理として出していたことにも驚いた。本当に市販のカレールーだ……。その味には日本一インスタントラーメンを食べる女もビックリのご様子。

カレーはおもにランチタイム(11:30~14:00)に出されており、毎日違う市販のルーを使用しているという。そして、具にもこだわって毎日違う具を使用しているのだとか。つまり、昨日食べたカレーは、翌日食べることはできないということになる。「市販のカレーなんていつでも食べられるジャン」と思うことなかれ。店主は「究極の普通カレー」を求めていると語っていたが、普通どころかすごくウマイ! これはまさに「市販のカレールーで “真剣” に遊ぶお店」だ。東京ミッドタウンにかなり近い立地ということもあり、ランチタイムは特にOL客が多いという。

夜はオトナっぽいバー……、とはいえ! 夜でもカレーを出すのでカリーバーの名に偽りなし! 夜メニューは、女性でも食べられる量のちびカレー450円、特製のマジックカレー680円(大盛り無料!)、そしてサラダとしてコールスロー100円がある。市販のカレーの味を家やオフィスで味わいたいという(笑)お客さんもおり、テイクアウトをするお客さんもいるとのこと。

この『マジックカリー』、実は人気マジシャンの “ふじいあきら” さんが東京カリ~番長とコラボレーションして開店した店で、それだけにカレーへのこだわりだけでなく、店内でマジックを観ることができるという、他店では真似できないイベントが毎夜行われているのだ。日本一インスタントラーメンを食べる女は、終始、そのマジックさばきに酔いしれていた。

日本一インスタントラーメンを食べる女が話していた言葉が印象的だった。「インスンタントラーメンは誰でも美味しく作れるけど、カレーは市販のルーを使ってもそうはいかない」と……。よほど『マジックカリー』のカレーがうまかったのだろう。店を後にしてもショックを隠せずにいた。……料理に自信がないのだろうか。

店名: カリーバー『マジックカリー』
住所: 東京都港区六本木7-3-19 バルミー六本木1階
営業時間: 11:30~14:00 18:00~24:00(ランチタイム11:30~14:00)
 
 
■そのほかのグルメ関連情報はいかがでしょう?
カリーバー『マジックカリー』オフィシャルサイト
ブログ『日本一インスタントラーメンを食べる女』公式ページ

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。