体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony、Xperia Tablet Z Wi-Fi版のタッチパネル改善アップデートを本日18時より配信開始

Sonyは5月8日、同社が4月30日に発表したXperia Tablet Z Wi-Fi版(SGP31X)のアップデートを本日18時より配信すると発表しました。アップデートにおける変更内容はタッチパネルの動作改善。非アース時に発生する可能性のあるタッチパネル誤動作に対処したもです。アップデート対象は、2013年4月に発売されたXperia Tablet Z Wi-Fiモデル「SGP312JP/B」「SGP312JP/W」「SGP311JP/B(ソニーストア限定モデル)」。更新ファイルは端末単体およびPC Companion/Update Serviceを通じてダウンロードできます。タブレット単体でのアップデートは、アプリドロワーから「更新センター」を起動するか、設定メニューを表示後、「タブレット情報」→「ソフトウェア更新」よりダウンロードできます。PC Companionのダウンロード先はこちら。アップデート後のソフトウェアビルドは「10.1.C.0.353」です。Source : Sony



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、PlayStation Mobileのパブリッシャーライセンス料を期間限定で無料化
ヤフー、Android版「防災速報」に人の声で警報内容を知らせる音声メッセージ機能を追加
Android向け日本語入力アプリ「Simeji」がv6.0にアップデート、ユーザーインタフェースに「スライドUI」を採用

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。