ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、リストバンド型活動記録計「Fitbit Flex」を用いた健康管理サービス「SoftBank HealthCare」を今年夏より提供

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは5月7日、リストバンド型活動計などの器具を使用して取得した個人の運動・活動データをクラウド上で管理し、蓄積されたデータを基にユーザーに対して健康面のアドバイスなどを行う新サービス「SoftBank HealthCare」を2013年夏より開始すると発表しました。サービス開始当初は米Fitbitのリストバンド型活動記録計の最新モデル「Fitbit Flex」を用いたサービスになります。Fitbit Flexを腕に巻いて生活することで、日々の歩数や移動距離、消費カロリー、日々の睡眠時間や睡眠サイクルといった健康データが計測されます。Fitbit FlexはスマートフォンとBluetoothで通信する仕組みを備えており、取得したデータをスマートフォン用アプリを使って閲覧できるほか、クラウドと同期することもできます。また、蓄積した健康データを活用してユーザーの顔写真を基に未来の顔や体重を予測することができるほか、サポートサービスとして、専門の看護師や栄養士、医師に健康に関する電話相談ができるサービスも提供されます。サービスの利用料金はFitbit Flex本体、電話相談などのサポート料金を含めて月額490円。サービス開始当初の対応機種はiPhone 4S以降とAQUOS PHONE Xx 206SHのみ。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、Xperia Tablet Z Wi-Fi版のタッチパネル改善アップデートを本日18時より配信開始
Nexus 4用カスタムカーネル「franco.Kernel」が1,728MHzまでのオーバークロックに対応
NTTドコモ、「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」と「MEDIAS Tab N-06D」のソフトウェアアップデートを開始、SH-02EはNFC(Type-A/B)サービスに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP