ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カナダ警察、両腕のない運転手をシートベルト着用義務違反で処分

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

カナダ『ナショナル・ポスト』によると、両腕のない運転手が「シートベルトの着用を怠った」として交通違反キップを切られ、警察に対して処分の取り消しと謝罪を求めています。

カナダ中部のサスカトゥーン在住のスティーブン・シモナル(Steven Simonar)さんは、両腕を失っているため、特殊なハンドルと鐙(あぶみ)を使用した車を運転しています。先月末、交通取り締まり中の警官に事情を説明し、マウンティ(カナダの警官の愛称)に免許証と車検証を提示しました。

しかし、シモナルさんによると、その警官が確認するだけで済ませようとしたにも関わらず、上司は違反キップを出すように指示を出したそうです。さらに「シートベルトを着用できないのなら、運転すべきでない」と暴言を吐かれ、気分を害したと振り返っています。

現在55歳のシモナルさんは、28年前の感電事故で両腕を失いました。それでも車の運転は諦めず、車に特殊な装置を取り付けて、左足のみで運転できるように改造を施しました。

シモナルさんは「キップを切られるなんて思わなかった。何度も警察のパトロールに鉢合わせてきたが、交通違反と言われたことは一度もなかったからね」と語っています。なお、警察はシモナルさんに175カナダドル(約17,000円)の反則金を科しています。

ちなみに、日本の自動車メーカーのHondaは、両上肢が不自由な方向けの補助装置・フランツシステムを提供しています。フランツシステムでは左足のペダルでハンドルをコントロールでき、シフトレバーも足で操作可能です。ウインカーやライトなどのスイッチ類は右足元に集中しています。また、自動的に着用可能なシートベルトも装備しており、シモナルさんに起きたようなトラブルは回避できることでしょう。

画像: 『ナショナル・ポスト』のページのキャプチャー
http://news.nationalpost.com/2013/04/30/armless-driver-vows-to-fight-ticket-for-not-wearing-a-seatbelt/

※この記事はガジェ通ウェブライターの「綾瀬 新」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。