ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NASAが宇宙からAndroidスマートフォンで撮影された地球の写真を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NASA(アメリカ航空宇宙局)が、小型の人工衛星に組み込まれたAndroidスマートフォンで撮影された地球の写真を公式サイトで公開しました。NASAはNexus Oneを2台、Nexus Sを1台を用いて3機の小型人工衛星”通称:PhoneSat”を作成しました。PhoneSatはそれぞれ、Alexander、Graham、Bellと名付けられ、4月21日にバージニア州にあるNASA Wallops Island発射台よりアンタレスロケットに搭載され発射、宇宙へと飛び立ちました。これら3機のPhoneSatプロジェクトの最大のミッションは消費者向けのスマートフォンが宇宙空間で人工衛星の主要飛行装置として使用できるのかを検証するものだったそうですが、プロジェクトの中では、PhoneSatで撮影された写真をパケット化し、アマチュア無線の周波数帯の電波に乗せて地球上のアマチュア無線局に送信し、それらを復元するというミッションもあったのだそうです。その成果が添付の写真です。1枚目の画像はPhoneSat-1”Bell”で撮影された写真、2枚目の画像はPhoneSat-2”Graham”で撮影された写真。見事に復元されています。NASAはこのミッションを成功したとしています。PhoneSatのミッションは4月27日に終了し、各スマートフォンは地球への帰還で大気圏に突入する際に燃え尽きたとのことです。Source : NASA



(juggly.cn)記事関連リンク
Sonyが米国でSIMロックフリー版Xperia Zの直販を開始
Intel、次世代Atomプロセッサ”Silvermont”の概要を発表
Samsung GT-P5200がAntutuアプリ上で見つかる、スコアが24,000台とハイスペックな模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。