体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『gdgd妖精s』『直球表題ロボットアニメ』などを手掛けたCGショートアニメの鬼才・石舘光太郎『ガジェット通信』独占インタビュー

石舘光太郎監督

石舘光太郎。アニメ監督、放送作家、脚本家。2011年『gdgd妖精s』の演出・脚本を務める。その後、『バックステージ・アイドル・ストーリー(BiS)』や『僕の妹は大阪おかん』、『直球表題ロボットアニメ』といったCG制作のショートギャグアニメを次々と手がける。CGアニメの利点を活かした見事な構成と脚本・演出から、現在、アニメファンのみならずアニメ業界からも注目を集める作家である。今回のインタビューでは先日放送終了した『直球表題ロボットアニメ』を中心に、石舘監督が手掛けたCGショートギャグアニメの制作秘話、さらには石舘監督自身の口から初めて語られるここだけの話など、石舘監督の作品に対する想いを熱く語っていただいた。

注釈:本文中の『gdgd妖精s』について特に言及がない場合は2011年放送の1期のこと。

――はじめまして。よろしくお願いします。

石舘:あっ、放送開始時にレビューで酷評されたガジェット通信さんですね(笑)よろしくお願いします。

――ははは、それを言われるとは……(苦笑)僕は結局全部視聴しているのですが、レビューの点数を悔い改めているところです(笑)早速ですが、石舘監督の最新作品である『直球表題ロボットアニメ』。つい先日最終回を迎えましたが、今のお気持ちはいかがですか?

石舘:今、パッケージの特典などを作っているのでいまいち終わった感じはないんですよね。NOTTVさん用の第13話とパッケージ特典用のコンテンツも先週収録したばかりなので、まだあまり終わった感じはしていないです。あ、この記事が載るのって最終回後ですよね?最終回はテレビ放映版と『ニコニコ動画』版で若干違うので是非どちらも観てみてください。

――『直球表題ロボットアニメ』のキャストが西明日香さん、荒川美穂さん、大久保瑠美さんの3人になったのはどうしてですか?

石舘:実は、すごく売れっ子の声優さんや有名な声優さんたちもオーディションに参加していただいていたんです。『gdgd妖精s』しかりですけど、こういう作品は、スタッフとキャストが一丸となって作り上げていく必要のある作品なものですから、そんな中からキャストさんも一番そういう熱意を持っていただけそうな方を選ばせて頂きました。単純にセールスの観点から考えれば、プロデューサー陣は出来ればすでにたくさんのお客さんを持っている有名な方を、という話をしていたのですが、僕としてはそういった忙しい方々が現場で率先して楽しくモノボケなんてやってくれるイメージが沸かなかったんですよね(笑)もう1パターン録らせてください、とか言いづらい(笑)そういうわけで、若手の方で、ちょうど注目を集め始めているモチベーションの高そうな人を選んでみました。あとはバランスですね。

ロボットアニメ

――僕も観ていてバランスがすごくいいと思いました。モリ(大久保瑠美さん)はAパートの成長が目立って、フジイ(西明日香さん)はAパートで定番の無茶ぶりを受け、カトウ(荒川美穂さん)はモノボケがうまくて。

石舘:いただいた資料を拝見拝聴しながら「きっとこういう人だろうなあ」と思ってキャスティングをさせていただきました。ところが蓋を開けてみると西さんが思ったより弾ける人だったり、荒川さんが思った以上に根っから真面目な人だったりと、そういうところがCパートのモノボケでアクセントになっているんだと思います。

――『gdgd妖精s』のときのキャスティングはどのように決まったのですか?

石舘:『gdgd妖精s』のときは実は僕はキャスティングに関わっていなくて。イメージでこういう方にやっていただいたら嬉しいです、という希望リストを出したぐらいであとは音響プロデューサーさんに一任しました。それで決まったのがあの3人でした。

1 2 3 4 5次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。