体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『めめめのくらげ』村上隆監督インタビュー「子供たちに“ひねくれてて良いんだ”って思って欲しい」

村上隆

世界中で活躍する現代アーティストの村上隆さん。カニエ・ウエスト、ゆずなどミュージシャンのアートワークを手がけたり、ルイ・ヴィトンとのコラボを発表するなど、アートを超えたコラボが常に高い注目を集めています。

そんな村上さんが、今度は何と実写映画を初監督。映画『めめめのくらげ』がいよいよ4月26日より全国ロードショーとなります。

村上隆

『めめめのくらげ』は、父を失くし引越し・転校でナーバスとなっている少年が、ある日“くらげ坊”という不思議な生き物と出会う事からはじまる物語。構想10余年。当初フルCGアニメーションの予定だった作品を、震災後の日本を描きたいという気持ちから「実写+CG」という独特の手法で完成させています。

誰もが子どもの頃に見ていた心弾む夢を具現化した世界は、大人が観るとどこか懐かしく、色々な事を考えさせられる刺激を与えてくれます。初めての監督業でも、そのインスピレーションと創造力はとどまるところを知らず、既に『めめめのくらげ2』の製作もスタートしているという村上さんに、お話を伺ってきました。

――本作は子供を主人公に、美しい自然と可愛い“ふれんど”達というポップな一面がありながら、ストーリー自体は大人も考えさせられる深い内容となっていますね。

村上隆(以下、村上):子供に一番に観て欲しいという気持ちはありながら、音楽が子供には難しい構成になっていたり、可愛いキャラクターが沢山出てきたと思えば思わぬ展開を見せたりと、アニメを実写にした感じが妙な感じを醸し出していますよね。

――それは監督があえて狙ったポイントなのでしょうか?

村上:映画を作る時に、一つは最後に主人公が激昂して感情を爆発させるという流れを決めました。観客に一緒に泣いて欲しかったんですよね。それからストーリーを膨らませて、当初はもっと悲しい物語だったんですけど、脚本つめていく過程で、泣いたまま尾をひいてしまうのは良くないのでは無いかと考えてハッピーエンドに。でも、主人公達が絶望のふちに立たされて、さめざめと泣いてしまうというシーンは絶対に入れたかった。そこで涙を流して「自分は何で泣いたのかな?」って考えた時に、映画をまた追体験出来るという構造にしたかったんですね。

――どこか懐かしさを感じる風景だったり、大人の中にこそ涙を流してしまう人が多そうですね。

村上:そうですね、特に35歳以上の方がお子さんと一緒に観てくれると嬉しいです。35歳から40歳くらいの僕のアンチがいっぱいるクラスタにもぜひ観て欲しいですね(笑)どんな意見が来るのが楽しみです。

――そういった、主にインターネット上でのアンチの意見もどんと来いというスタンスなのでしょうか?

村上:決して楽しみにしているわけでは無くて、Twitterを始めた時は、批判的な意見を浴びせてくるユーザーをブロックする事もありました。でも最近は悪口を言われたらリツイートしています。確かに良い事言ってる時もあるんですよね。そうやって、悪口をリツイートすると、悪口にまた悪口が加わって相乗効果で、何で自分が日本で嫌われているか分かったりするんで。リサーチには役立っています。

――映画が公開されると、また活発に意見が届きそうですね。

村上:散々ネガティブな事言われると思うんですけど、それはそれで2以降に活かしたいですね。ネガティブなことをネガティブに思うんじゃなくて、自分の作品の受け皿があるところに、どういう風に球を投げるかを考えたいんです。

村上隆

――監督は、子供の頃に見た『ウルトラマン』『悪魔くん』『河童の三平』と言った作品が「正直に僕ら子供にこの世の“ドグマ”を語ってくれた」とおっしゃっていますが、本作にもそういった作品から受けた影響が反映されているのでしょうか。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。