ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人気シリーズの最新作が登場! 羊毛とおはなのインタヴュー更新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

今年で結成10周年を迎えた市川和則(ギター)と千葉はな(ヴォーカル)のアコースティック・デュオ、羊毛とおはな。彼らのシンプルで柔らかな音楽性が存分に堪能できるのが、〈まるでリビングルームでライヴをしているかのよう〉をテーマに、生音でのパフォーマンスをパッケージした人気シリーズ〈LIVE IN LIVING〉だ。

その最新作にあたるニュー・アルバム『LIVE IN LIVING ’13』は、ビョーク“Hyperballad”やジョニ・ミッチェル“Both Sides Now”、ルイ・ジョーダン“Choo Choo, Ch’boogie”といった洋楽の名曲カヴァーを含む全12曲で構成。千葉の優しい歌声と市川の自然体な演奏がまっすぐ伝わってくる、それぞれの素顔が見える親密な作品となっている。bounceでは、そんな本作について2人に話を訊いてみた。

★インタヴューはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP