ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歴史に埋もれた楽曲を大胆リメイク! キノコホテルのインタヴュー更新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

昨年末に新従業員のジュリエッタ霧島(電気ベース)を迎え、新装開業したキノコホテルが、早くも新体制での初作品となるミニ・アルバム『マリアンヌの逆襲』を完成させた。カルメン・マキから休みの国、アーント・サリー、東京ブラボーまで、ジャンルも年代もバラバラの邦楽ナンバーを採り上げ、アグレッシヴなバンド・サウンドでキノコ流にリメイクしてみせた本作は、月並みなレトロ趣味とはかけ離れたセンスを発揮してきた彼女たちの気概を感じさせる一枚となっている。

bounceではそんなミニ・アルバムが登場する今回のタイミングで、ホテルの支配人であるマリアンヌ東雲(歌と電気オルガン)へのインタヴューを実施! 新しい従業員を迎えたことによる変化から始まり、各曲をカヴァーした意図やレコーディング時のエピソードなど、さまざまなトピックについて尋ねた。

★インタヴューはこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP