体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

GW直前「休みの日はプラモ作ろうぜ」ということでガンプラ投稿してみんなに見てもらった

ガンダム胴体

プラモ、作ったことある?

ファーストガンダムしか認めん!……とは言いません。こんにちは。下手の横好きのwosaです。
思い返せばガンプラに出会ったのは小学校4年生。『ガンダム』などの人気MS(モビルスーツ)は入手困難。有っても大抵抱き合わせ販売という、いきなりの現実を見せつけられる世間の厳しさでした。
そんなこともあり、ようやく手に入れた『1/100 ガンキャノン』はいい思い出です。「このキットにカイ・シデンはついてきません。」と書かれたボックスアートを見ながら、汚し塗装で悦に入っていました。

プラモ

僕のようにガンプラでプラモデル覚えた人も居れば、ミリタリーや自動車なんかのスケールモデルから入った人も居るでしょうし、お城やおでん屋台のジオラマからという人も居るでしょう。

誰もが(たぶん)通るであろう模型作り。たまの長い休みにプラモデルでも作ってみてはいかがでしょうか。今回は“プラモログ”を記しながら実際に作ってみます。
※全ての写真が表示されない場合はこちら

作るからには、人に見てもらいたい

せっかくなら“連邦の白い奴”作ってみたいよね、ということで久しぶりに模型のコーナーへ出向きました。
今回、選んだのは『1/100スケール マスターグレードモデル RX-78-2 ガンダム Ver.2.0』(バンダイ)。

ガンダムの箱

RX-78「-2」って何よ?!「Ver.2.0」って何よ?!と言いたくなる、最新の『ガンプラ』なのです(もちろん、名称にきちんとした理由はありますが)。

ガンダム 箱

ただ作るだけでは何なので、ブログのように「製作日誌」をつけながら、インターネットのお友達に見てもらうことにしました。

ホビコムTOP

今回はデアゴスティーニが運営している『ホビコム』という模型のソーシャルサイトに登録。適当な写真がなかったので、いつも使っている似顔絵画像をペタリ。プラモ・フィギュアの専門SNSだけあって、「好きな模型カテゴリ」という質問があったのにちょっと笑った。

03登録画面2

指定したメアドに来たURLを踏んで、あっさり完了。よーし、連邦の白い奴、つくるぞー。ってか、僕、ガンプラでガンダム作るの、初めてだ……(ザクとかドムとかアッガイとか、ジオン軍ばっかりだった)。

インターネットの友達がプラモの事を教えてくれたでござる

箱の中身

箱と部品の写真を撮る。パーツの点数、多いな……。そんな感想などをつらつらと「製作日誌」につづってみます(これが意外な楽しさを産むことに後々気づく)。
[http://hobbycom.jp/my/9ef542ead0/diaries/286]

製作日誌01
1 2 3 4次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy