ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年04月22日~04月28日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年04月22日~04月28日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:射手座

周囲の助けを借りることによって過去に諦めたことや中途半端に終わらせてしまったことを乗り越えることができそうです。感謝の気持ちを忘れないこと。また勉強したり修練を積むことで知識や技術の向上を図ることがプラスに出やすいときなので積極的に取り組んで。

第2位:牡牛座

好奇心が良い結果を導くとき。よけいなことにわずらわされず興味を抱いたものに全力投球しましょう。ただしその前に片付けておくべきことは終わらせておくこと。またやるからには真剣に取り組むことが大事。中途半端な気持ちで手をつけると中途半端に終わります。

第3位:双子座

いかに冷静に客観的に物事を見極められるかが成否の鍵となるでしょう。一歩引いたところから全体を見るよう心掛けて吉。自分から率先して動くより指示を待つほうが良い結果につながりそうです。先のことばかりを案じるよりも今できることを精一杯やるようにして。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/326432 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:獅子座
自分を大切にすることを最近おざなりにしているのでは。何か行動を起こすにもまず自分に余裕を持たせることからと心得て。特にこの時期周囲の環境があなたの意思とは無関係に大きく動く可能性が。状況変化のなかでチャンスを逃さないためにも心構えを万全にして。

第5位:魚座
好奇心の強さが幸運の鍵。ただし何でもかんでも首をつっこめば良いというものではありません。興味をひかれたものに対して真面目に学ぼうとする姿勢が良い結果につながるでしょう。過去に失敗したものであっても尻ごみせずに挑戦を。飽きやすい性格にも注意して。

第6位:牡羊座
あらゆるチャンスがめぐってくるとき。しっかり見極めて機を逃さないことが肝要。ひとつのことにのめり込むよりもバランスよく全体を見渡すことが成功の鍵となるでしょう。ただし不真面目な態度や感情的な言動は人間関係の悪化を招き運気を下降させるので注意を。

第7位:蟹座
直感力や判断力が低下しているようです。重要な場面での決断はほかの人に任せたほうが良さそう。また今感じている不満は改善への第一歩だと捕らえましょう。不満を解消するためにはどのように動けばいいのかを考えることで道が開けてくる兆し。物事を多角的に見て。

第8位:乙女座
自ら表舞台に立つよりも今週は裏方に徹することで運気の悪化を防ぐことができそうです。苦労は多いですがそのぶん実りもたくさんあるでしょう。また事前の調査や準備をしっかりしておくことで粗方の失敗は回避すること可能。攻撃的な言葉にはくれぐれも注意して。

第9位:山羊座
やる気はみなぎっているのですが空回りしてしまいそうな週。周囲を頼ることもときには必要だと心得て。健康運に危険信号がともっています。少しでも違和感をおぼえたら早めに対処して吉。また家族や恋人など身近な人への遠慮がなくなりがちに。礼節を忘れないで。

第10位:蠍座
思いがけないトラブルやアクシデントに見舞われ落ち着かない週となりそうです。そのなかでいかに自分を上手に息抜きさせることができるかが幸運の鍵となるでしょう。いっぺんに解決しようとしたり完璧を目指すのではなく自分にできる範囲でほどほどに手を抜いて。

第11位:天秤座
先行きに対する不安が大きくなるかもしれません。またがんばったことへの見返りが得られずモチベーションが下がる兆し。適度にストレスを解消していくことが肝要。過ぎたことにはこだわらないで気持ちを切り替えていくよう心掛けましょう。目先のことから片付けて。

第12位:水瓶座
運気は不安定の様相。特に周囲の人たちとのコミュニケーション面においてトラブルが懸念されます。愚痴やマイナスな話題もたまになら良いのですが度が過ぎると評価を下げることになりかねないので控えめに。またよく知らないことを知ったかぶると後悔することに。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP