体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

わかったよ! 10ドル賭けるよ!(ただしジンバブエドル)

ひとむかし前は「一万賭けるよ! 一万リラな!」というのが定番だった「単位はでかいけど実勢価値はとても安い」通貨単位。いまやその座は「ジンバブエドル」に譲ったと言ってもいいでしょう。

もはや年間インフレ率は○万パーセントとか○億パーセントといった表記をはるかに超えた○「垓」パーセント、ついこないだ100億ジンバブエドルを1ジンバブエドルに切り下げるデノミを行ったかと思えば、その「後」の単位でも1USドル=1京ジンバブエドルを突破しただのと、単位を覚えるのが大変という勢い。

この記事を書いている現在で1USドルが1京2214兆2029億1943万8800ジンバブエドルだそうです。いやもうわけがわかりません。そんなジンバブエドルで表題のように「10ドル賭けるよ!」なんて言って負けてしまったら……。

えーと、日本円で0.0000000000000737円? デノミ前で言うと0.000000000000000000000007円? さあ払え今払えすぐ払え、と言われても逆に困りますね。そういう場合はどうすればいいのでしょうか? ずばり、こうしましょう!

というわけで、正真正銘ホンモノのジンバブエドル札でした。何度かデノミを繰り返した前の札なので、もはや今の貨幣価値に換算していくらなのか考えるのもうんざりしますが(実際はすでに貨幣として無効となっているはずです)、こっそり財布にしのばせておいてジョークに使ってみるのもいいかもしれませんね。

今回、この古いジンバブエドル札はヤフオクで数百円で入手しました。何でも売ってますねえ、ヤフオク。
 
 
■ジンバブエドルに恋したら
ジンバブエドルの現在の実勢レート(OMIR)
ジンバブエ・ドル(Wikipedia)
ガジェット通信 世界カテゴリ
ガジェット通信 海外カテゴリ

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会