ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イントロからすでに衝撃!台湾の女性歌手がB’zの「もう一度キスしたかった」をパクリ!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

最初から驚き!再生する曲を間違えたか?と思うほど

まずは落ちついて曲を聴いてほしい。

原曲を知っている方は「もう一度キスしたかった」のイントロを思い浮かべてからどうぞ。

http://www.youtube.com/watch?v=YfEQFPRPvxA

どうだろうか。イントロからいきなり聞き覚えのあるメロディー。

この曲は台湾の女性歌手・蕭玉芬(シャオ・ユーフン)さんが歌う曲なのだが、イントロだけでなく随所に「もう一度キスしたかった」を彷彿とさせるメロディーが入ってくる。

こちらはB’zの「もう一度キスしたかった」

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=zDokNozryBA

比べること自体が失礼かもしれないが、聴き比べると蕭玉芬(シャオ・ユーフン)さんの方が若干安っぽい印象を受ける。

この曲は1991年に発表のアルバム「IN THE LIFE」に収録されており、シングルでの発売はないものの以前発売されたベストアルバムに収録される人気曲。

人気曲であるがゆえに今回のパクリ曲は多くの話題を呼んでいる。

ここまで清々しいのは珍しい

日本でも時折様々な曲で「似ている。パクリ?」という話題が出るが、ここまでイントロからメロディーが一緒だと「カバー?サンプリング?」となる方もいると思うが、そうではない為完全に「パクリ」と思われてもしょうがない仕上がりである。

海外からパクればばれないと思ったのだろうが、地元台湾でも「『B’z』のパクリ?」という声が上がっている。

盗作はもちろん悪いが、パクった相手が悪すぎた例と言える。

 

※この記事はガジェ通ウェブライターの「あすらん」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP