ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

So-net、LTE対応のモバイル通信サービス「NURO LTE」を提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ISP事業者のSo-netは4月15日、NTTドコモの3G/LTE網を利用したモバイル通信サービス「NURO LTE」の提供を開始しました。So-netはMVNO事業者にネットワーク接続や課金などの機能を提供するMVNE事業を開始しており、「NURO LTE」は同社のMVNO事業として個人向けに提供されます。また、So-net子会社のソネットビジネスアソシエイツが法人向けに「NURO モバイル LTE/3G」を提供しています。個人向け「NURO LTE」はNTTドコモの3G/LTEを利用した下り最大100Mbps(利用機種によっては112.5Mbps)/上り最大37.5Mbpsのデータ通信サービスで、MNP対応の音声通話プランも提供されています。いずれのプランも申込時にSIMカードを最大2枚まで追加することができます。「超高速プラン」は下り最大100Mbps/上り最大37.5Mbpsのデータ通信用SIMカードとLTE対応モバイルWi-Fiルーターがセットになったプラン。利用料金は月額3,800円の「NURO LTEハイスピードV」と月額4,980円の「NURO LTEハイスピード」の2種類。前者には2年契約の縛りがあり、後者にはありません。モバイルWi-Fiルーターは通常32,550円(支払いは30回の分割払い)ですが、2013年5月末までに加入すると月々の端末代金が利用料金から割引されます。「低額プラン」は上下最大150Kbpsに制限した低速・低価格プラン。月額980円のデータ通信のみの「NURO LTE ライト」、音声通話プラン付きで月額2,310円(無料通話500円分込み)から利用できる「NURO LTE + Talk」が提供されています。どちらのプランも1年間の縛りがあり、別途購入した通信分には速度制限がかからないチャージを利用することもできます。チャージ分は100MB/525円、500MB/2,205円、1GB/3,990円で提供されています。音声プランには無料通話分が付きますが、それを超えた場合、料金で21円/30秒、SMSで3.15円/1通かかります。NMPに対応しており、他社で利用していた電話番号をNURO LTE + Talkで引き続き利用することもできます。「NURO LTE」の申込窓口はSo-netの公式サイトとなっています。Source : PR-Times



(juggly.cn)記事関連リンク
Androidの1日あたりのアクティベーション数が150万台を突破、Eric Schmitd会長が明かす
ロッテ、”爽”アイスの蓋の上でももクロのライブ映像が視聴できるARアプリ「爽快!ももクロフタの上ツアー」をGoogle Playストアでリリース
Sony Mobileが香港でXperia SPとXperia Lを発表、Xperia SPは4月26日に発売、Xperia Lは5月上旬

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP