ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ここは法廷だゼ!】裁判所に“虚偽記者席”が存在する? 記者席を巡って民事裁判スタート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


4月16日、東京地裁にて“記者席”を巡っての、ある民事裁判がスタートする。裁判のニュースで、法廷内の映像がたまに流れることからご存知の方も多いだろうが、日本の裁判所には“記者席”というものがある。基本、記者クラブに所属している社の記者らのために設けられた席だ。多くの傍聴人がつめかけ、人気でなかなか傍聴できない裁判も、記者らはこの“記者席”に座り傍聴することができる。記者席には白いカバーがかけられ、「報道」の腕章を付けた記者しか座れない。この席は記者クラブが裁判所に申請することで用意される。

ところが、この記者席を裁判所は、一般の傍聴人を制限するために利用しているのでは? という疑惑が発生した。東京地裁で、ある「公務執行妨害、傷害」の裁判を傍聴し続けていたジャーナリスト、今井亮一氏はこう憤慨する。

「マスコミ的には無名の事件だったんですが、初回からずっと傍聴券が抽選となり、開廷30分前に傍聴券をゲットしなければ傍聴できませんでした。空席があっても、です。しかも、法廷には記者席が5席設けられていたんですが、記者なんか1人もいなかったんですよ」

第1回公判は5席とも無人。第2回公判で、女性が1人、15分ほど座った。その後の公判では男性が1人座るようになった。が、残る4席はずっと無人。それでも裁判所は白いカバーを外して一般傍聴人を座らせることもなかったという。

疑問に思った今井氏は、記者クラブに赴き、各社に記者席を申請したのか尋ねた。すると、申請などしておらず、そもそもその裁判が行われていること自体、多くの記者は知らなかったのだ。どこも申請していなかったとなると、第2回公判で15分ほど座った女性と、その後の公判で座っていた男性は一体、何者だったのだろうか……。

「調べたところ、ふたりとも某テレビ局の記者だったようです。女性のほうには直接確認していないのですが。しかし、残りの4席はずっと無人。これって、記者席だとだましていることにほかならない。やめてくださいと、私は裁判所に対し文書で申し入れをしたんです。回答がないので聞きに行ったら、なんて言われたと思います? “お答えしない”の6文字ですよ。裁判監視の役割を担う傍聴人を、裁判所はあまりにも軽く見ている。裁判員にはチヤホヤするそうなのに」(同)

とうとうガマンがならなくなった今井氏は「“虚偽記者席”のせいで傍聴できないこともあった。そんな卑怯・卑劣なものを見せつけられ精神的損害を被った」と損害賠償請求の民事裁判を起こした。第1回公判は4月16日10時15分、東京地裁527号法廷で開かれる予定だ。

「私だって、ほんとは裁判なんて面倒なことは、やりたくないんです。しかし本件は、あまりにひどすぎる。“国民に身近な司法を”とか言いながら、いっくらなんでも、ウソでだまして傍聴妨害は、ひどすぎるでしょ。 今後の展開は私のメールマガジンで随時レポートしていきます。記者クラブから申請がないのに裁判所が勝手に記者席を設け、少なくとも4席の空席をわざとつくり続けたのは事実。ごめんなさいと謝るのか、謝らず争うなら、いったいどんな理屈で正当化するのか見ものです」(同)

初公判、そしてその後の展開も、随時リポートしていく予定である。

画像引用元:flickr from YAHOO
http://www.flickr.com/photos/cytech/6013235697/

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
高橋 ユキの記事一覧をみる ▶

記者:

傍聴人。近著『木嶋佳苗 危険な愛の奥義』(徳間書店)、『木嶋佳苗劇場』(宝島社)ほか古くは『霞っ子クラブ 娘たちの裁判傍聴記』(新潮社)『あなたが猟奇殺人犯を裁く日』(扶桑社)など。好きな食べ物は氷。

ウェブサイト: http://tk84.cocolog-nifty.com/

TwitterID: tk84yuki

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP