ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

つぶらな瞳の『妖怪いちご大福』を食べてみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

※詳しい情報はこちらから

日暮里駅ほど近くにある和菓子店 江戸うさぎ [リンク] が作る、ちょっと変わった大福、その名も『妖怪☆いちご大福』が、いま話題を集めている。

毎年、同店が、イチゴが旬の4月に発売するこの大福。餅でイチゴと餡が包まれているのは一般的なものと変わりないのだが、絶妙なポイントに添えたイチゴを舌に、正面には黒ゴマでつぶらな瞳を見立てて、谷中の墓地からやって来た妖怪がイメージされている。白い餅に透けて見える餡子は、こし餡とミルク餡があり、それぞれ2種類の味と顔が楽しめる。

なんと言えない表情でこちらを見つめる様子に、思わず笑みこぼれるユニークな大福は、口コミによりその人気が全国に飛び火し、通信販売でも連日完売となっているほど。店頭へ購入に訪れる際も、あらかじめ電話予約することをおすすめする。

見た目だけでなく、ほんのり甘く柔らかな餅となめらかな餡、フレッシュで甘酸っぱいイチゴのコンビネーションは和菓子専門店ならではの上品な味。お土産やギフトにしても喜ばれる妖怪大福を買いに、日暮里に足を運んでみてはいかがだろう。

江戸うさぎ

住所:東京都荒川区西日暮里2-14-11
最寄り駅:日暮里駅
営業時間:9時00分~18時00分
休み:日曜日、祝日
[地図などの詳しい情報はこちら]

 

 

※この記事は、東京のイベント・お店情報サイト『タイムアウト東京』が執筆しました。

・そのほか、東京のイベント情報はこちら
http://goo.gl/INuGZ [リンク]

・タイムアウト東京はツイッターでも情報配信中!
https://twitter.com/TimeOutTokyoJp [リンク]

・毎日更新!タイムアウト東京のフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/timeoutjp [リンク]

 

 

タイムアウト東京の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP