ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアアプリv4.0.25のブラックバージョンがRootzWikiで公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一昨日リリースされたGoogle Playストアの新バージョンvの拝啓色をブラックカラーに改変したapkファイルがRootzWikiフォーラムで配布されています。v4ではアプリUIのリニューアルが行われており、以前よりもデザインがシンプルなものになりました。改変版では、全体的にブラックになり印象が大きく変わっています。ブラックがお好きな方、いかがでしょか。改変版アプリはRootzWikiフォーラムでZIP化して配布されており、ClockworkModリカバリからインストールすることで変更できるほか、ZIPファイルに含まれている「Phonesky.apk」を/system/appにコピーして、Vending.apkにリネームすることでも変更できます(なので、利用できるのはroot化端末のみ)。正式版はホワイトやベージュなどの淡色が全体を占めており、視力の悪い私にとっては全体がぼやけたように見え、項目や文字の視認性が以前よりも落ちた印象を受けていましたが、ブラック版にすることでかなり見やすくなったかと思います。背景全体がブラックとなっているため、AMOLEDパネルを採用した機種では以前より電力消費が減ることも期待されます。Source : RootzWiki



(juggly.cn)記事関連リンク
智器(Smart Device)が8インチAndroidタブレット「SmartQ N10」を発表
OneQuick : 機能のON/OFFやアプリの起動をサイドバーやフローティングウィンドウから操作できるクイック設定アプリ
ASUS Japan、「ASUS Pad TF300T」のAndroid 4.2アップデートを本日正午より開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP