体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モスバーガーに新デザートブランド登場!オススメはカスタード×シェイクの「シューポットシェイク」

これから暖かい日が増え、ひんやり冷たいスイーツが恋しくなってくる季節。そんな時期にぴったりな新デザートブランド「カップパティシエ」が、モスバーガーから登場!

「玄米フレークシェイク」や「フローズンケーキバー」など、これまでも多くの人気デザートを生み出してきたモスバーガー。新デザートブランド「カップパティシエ」から23日に登場するのは、新感覚の5つのメニュー。

特にオススメなのが、オリジナルのカップ型シュー生地の中にカスタードと好みのシェイクを入れて食べるユニークなデザート「シューポットシェイク(バニラ/ストロベリー/コーヒー)」(各380円)。シューのフタはホワイトチョコレートでコーティングし、トッピングのチョコレートとピスタチオ、ドライフルーツとともに、パリパリ感を楽しむことができる。また、フタでシェイクをすくって食べるなど、さまざまな食べ方を楽しめるのもポイントだ。

そのほか、「レアチーズケーキ オレンジソース」(300円)、「カシスムース ミックスベリーソース」(300円)、「コーヒーゼリーケーキ 香るビター」(330円)、「みつまめ 白あんゆず風味」(330円)が9月下旬まで販売される予定。

お店でソースなどをトッピングするので、つくりたての風味を感じることができるこのデザートは、ブレイクタイムやちょっと贅沢気分を味わいたいときにぴったりだ。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。