ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Action LuncherのShutters機能を利用できるアプリ数が拡大

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android向けホームアプリ「Action Launcher」のShutters機能が最近のアップデートでGoogleアプリ以外でも利用できるようになっていました。Shutters機能はホーム画面上のアプリアイコンを上下方向にスワイプすることで、アプリに含まれるウィジェットを表示できる機能で、ウィジェットをホーム画面に配置しなくても利用できるようになります。機能のリリース時は一部のGoogle・Android標準アプリでしか利用できなかったと思いますが、アップデートによってGoogle PlayストアからインストールしたアプリでもShutters機能が利用できるようになっています。デフォルト設定では、Shtters機能は無効なので、Action Launcherの「Settings」→「Labs」→「Shutters(aka cover widfets)」にチェックを入れます。Shutters機能が利用可能なアプリのアイコン上には3本の線が表示されます。「Action Launcher Pro」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One Developer版、近日中に予約受付が開始され、米国時間4月19日に発売されるらしい(更新:4月5日午前7時PSTより予約受付開始)
シャープ製「SHL21(JB)」がWi-Fi Allianceの認証データベースに登場、Jelly Bean版AQUOS PHONE SERIE SHL21?
Sony、Walkman/Android端末/iOS端末が繋がるBluetooth/NFC対応システムコンポ「マルチコネクトコンポ」3機種を発表、4月20日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP