ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドスパラ、「DOSPARA TABLET A07I-D15A」用の新ファームウェア(FW20130325)を公開、タッチパネルの認識精度向上などを実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドスパラが同社の公式サイトで「DOSPARA TABLET A07I-D15A」用の新ファームウェア(FW20130325)を3月29日付で公開しました。新ファームウェアでは、タッチパネルの認識精度の向上と文字入力アプリをSimejiに変更したところが主な変更内容となっています。アップデート方法は、ドスパラの公式サイトで配布されているZIPファイル「dt20130325.zip」をダウンロードして解凍。Micro SDカードにコピーした後、DOSPARA Tabletに差し込んで本体のボタン操作により実施します。詳細な手順はhttp://faq2.dospara.co.jp/EokpControl?&tid=1776448&event=FE0006で公開されています。ファームウェアのアップデート操作には本体の初期化も含まれているので、必要なデータはあらかじめバックアップしたおいた方が良いと思います。Source : ドスパラ



(juggly.cn)記事関連リンク
世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年3月)、ICS以上のシェア合計が50%を上回る
「HTC First」と呼ばれるスマートフォンの画像が流出、Facebookフォン?
NECカシオ、米Verizon向けに「G’zOne Commando C811」を開発、本体デザインも判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP