ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロック画面ウィジェットアプリ「DashClock」が今後のアップデートでスクリーンセーバー(Daydream)に対応、ティザー動画が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 4.2の新機能であるロック画面ウィジェットアプリ「DashClock」が今後のアップデート版でAndroid 4.2のスクリーンセーバー(Daydream)機能に対応する模様です。そのティザー動画が開発者さんのGoogle+ページで公開されました。DashClockはロック画面で様々な情報を閲覧でき、表示項目や機能を自由にカスタマイズできるアプリ。動画ではNexus 7(?)を使って動作内容が紹介されています(見づらいですが・・・)。どうやら、スクリーンセーバーとして利用すると時刻とDashClockに追加したエクステンションが表示され、エクステンションが画面に収まらないほどあるとゆっくりと上下にスクロールするなど、少し幻想的な雰囲気を醸し出すアニメーションが採用されています。スクリーンセーバーに対応したバージョンのDashClockのリリース時期は明らかにされていません。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
プレスサービス、AppleのPassbook向けクーポンが利用できるAndroidアプリ「Store Pass」をGoogle Playストアでリリース
Xperia Tablet Z Wi-Fi版がFCCの認証を取得
NTTドコモ、「Optimus G Pro L-04E」の予約受付を3月28日より実施、発売予定日は4月4日

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP