ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola X Phoneのウワサ:4.8インチディスプレイ、2GHzのSnapdragon 800プロセッサ、4,000mAhバッテリーを搭載し、11月に発売されるらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleとMotorolaが共同開発したている「X Phone」のスペックに関する”タレコミ”情報がPhoneArenaで公開されています。X Phoneは5月のGoogle I/Oで発表され、その第一弾が6月~7月に発売されるとこれまで伝えられてきましたが、同サイトによると、11月に発売される予定なのだそうです。スペックについては、4.8インチのディスプレイ、2GHz駆動のSnapdragon 800プロセッサ、4,000mAhの大容量バッテリー搭載。外装について、側面フレームはラバー材質で出来ており、バンパーのような役割を果たすそうです。また、ボディ前後はカーボンファイバーで出来ているらし。ディスプレイのカバーガラスには、サファイヤガラスが採用されており、耐衝撃性能はゴリラガラスよりも3倍高いと言われています。あとは、防水にも対応するそうです。X Phoneは注文時に外装カラーや一部ハードウェア仕様をカスタマイズできると噂されていますが、同サイトの情報提供者はそのことについては言及していなかったそうです。Source : PhoneArena



(juggly.cn)記事関連リンク
上海問屋、クルマのエアコン吹き出し口に装着できる汎用スマートフォンホルダーを発売
NTTドコモ、操作アシスタントアプリ「タップでコンシェル」をGoogle Playストアで公開
Android版「Snapseed」がv1.5にアップデート、レトロラックスフィルタとフレーム機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP