ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

auからベッド型の巨大スマートフォン登場 寝たままで世界とつながり二次元嫁と添い寝もできる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨年は大リーグボール養成スマートフォン『MAKYU 01』を発表して世間を驚かせたauのエイプリルフール企画。今年も新たなスマートフォンを発表し、製品サイトと動画が公開されています。今度は全身で使うという巨大なスマートフォン。どれぐらい巨大かというと、人が寝転がれるほど……ちょうどベッドぐらい。というより、ベッドをスマートフォンにしてしまったのです。なんでこんなもの作ったの?


動画にある開発者のインタビューでは、出不精な彼が仕事でもプライベートでも、ベッドの上でしかスマートフォンを使っていないことに気づき、ベッドをスマートフォンにしたスマートベッド『zzzPhoneBed(ズズズフォンベッド)』の開発を思い立ったのだとか。「あるある」と思った人も多いのでは?

au zzzPhoneBed 開発者インタビュー(YouTube)
http://youtu.be/kS0oUpgCMsY


セミダブル、無反発有機ELを搭載したディスプレーは寝心地十分。4100gと重いですが、設置したら動かす必要はないので問題なし。連続通話時間41年と大容量のバッテリーは、41秒の急速充電に対応。OSにNemure 4.1、CPUにUtatane 4.1GHzリアルコアを搭載……って、4月1日だからって「4」と「1」使いすぎだよ!


プリインストールされた『SoineApp 4.1』を使えば、2次元の彼女とリアルに添い寝が可能。『auスマートパス』に加入していれば、『zzzPhoneBed』対応アプリも使い放題なほか、『auスマートバリュー』を利用すると本体の利用料金が最大2年間、毎月1480円割り引き……と、ちゃっかり自社サービスの宣伝にも余念がありません。



本体に搭載した800個のスピーカーが爆音で目を覚ましてくれる『3Dサウンドアラーム』機能が利用できるほか、本体の上をランニングして画面をスクロールすれば、ネットサーフィンしているだけでダイエットできるなど、巨大な本体ならではの使い方も提案しています。寝ているときはどうやってスクロール操作するんだろう……。寝ている人の体は認識しない、特殊なマルチタッチ技術が採用されているに違いない。


周辺機器は、液晶カバーならぬ“シーツ”。ポリエステル、ナイロン、パイル、コットンを混ぜた特殊素材で、シーツ越しに画面の操作ができます。zzzWhite、zzzBlack、zzzNavy、zzzPink、zzzBrownの5色から好きな色を選んで、快適なスマートベッド生活を楽しみましょう。


製品は『Twitter』で予約可能。エイプリルフールを強調するためか「4/1」の形にツイートボタンがドーン! と並んでいますが、ツイートする行為もネタのひとつ。迷わず押せよ、押せば分かるさ!?

zzzPhoneBed
http://www.au.kddi.com/zzz/

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP