ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年03月25日~03月31日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年03月25日~03月31日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:山羊座

運気は好調。特に判断力が冴えているときなので大きなことを決断するならこの時期が吉。また周囲が大きく変化しようとしているときでもありますが自分のペースを崩さないことが肝要。家族など身近な人とゆっくり過ごす時間を持つことできずながさらに深まりそう。

第2位:天秤座

前向きなやる気がみなぎる週となりそうです。そのぶん空回りすることも。しかしその前向きなパワーは良い方向に働く兆し。がむしゃらに行動することにより難関突破することもできるでしょう。調子に乗って不真面目な言動が増えやすいときでもあるので気をつけて。

第3位:魚座

多少のピンチでも臨機応変な対応が功を奏し切り抜けられそう。諦めない精神的な強さが成功の鍵を握るでしょう。ただし攻撃的な言動や調子に乗って高望みし過ぎるのは禁物。そうした浮ついた面を自分で制御することができれば運気は大きく上昇する兆しを見せます。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/305280 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:射手座
不安材料が解消され心身ともに解放感が得られそう。この時期に興味ある分野の勉強を始めたり挑戦したりすることは後に良い結果をもたらすことになるでしょう。ただし失言や軽率な行動からの失敗が懸念されるので言動はくれぐれも慎重に。目上の男性との相性は吉。

第5位:牡牛座
未来に目を向けると同時に過去にやり残してきたことや置き去りにしてきたものを見つめ直すときでもあります。偏った見方を避け総合的な判断を下すことが肝要。また不安に思うことがあるなら早めに対策をとること。ただ漫然と不安がっているだけでは解決しません。

第6位:水瓶座
相談事は家族など身近な存在の目上の男性にすると吉。金銭運が低下しているので財布のひもは固めに。自分の楽しみよりも他者を喜ばせることを基準に行動することで運気が上昇するでしょう。健康運に注意信号が出ているので不調を感じたら早めに対策をとるように。

第7位:乙女座
わずらわされていた問題から解放され気持ちも浮つきがちになる時期ですが今こそ気持ちを引き締めて次への一手を準備するとき。また忍耐力が低下しているので些細なことで感情的になりやすくなるかもしれません。一時の辛抱とこらえてリラックスする術を持つこと。

第8位:蟹座
自分ではどうしようもできない災難に見舞われ途方に暮れるかもしれません。しかし何もかも自分の手でどうにかしようとするのではなくまずは手の届く範囲でできることから片付けていくことで光が見えてくるはずです。必要以上に疑うことは関係の悪化を招くので注意。

第9位:牡羊座
面倒事や後始末などに追われる週となるかもしれません。しかし冷静にひとつひとつ片付けていくことで成果をあげたぶんだけの見返りは得られそうです。またそのなかで自分の知識や技術の不足を感じることがあるなら向上心に変えて。誤魔化そうとするのは禁物です。

第10位:双子座
我慢や忍耐を求められる週となるでしょう。しかしその経験は今後に必ず活きてくるので面倒臭がらず前向きに取り組むと吉。また突発的なトラブルなどによりこれまでやってきたことに自信が持てなくなるかもしれません。過去に固執するよりもこれからの自分を見て。

第11位:獅子座
運気は引き続き低調傾向にありますがだからといって自暴自棄になったりダレるのは禁物。細事にこだわらず合理的に物事を片付けていくことが運気回復への近道となるでしょう。またモチベーションの維持に苦労するかもしれませんが周囲に依存し過ぎないように注意。

第12位:蠍座
運気は不調の様相。さまざまなことに対してのバランス感覚が崩れているのが原因のようです。毎日少しでもできるだけストレスを感じないリラックスできる時間を持つよう心がけましょう。感覚を取り戻すまでは率先して動くことは見送ったほうが吉。受け身の姿勢で。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP