ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

デジタル名刺ガジェット『POKEN』にビジネス向けモデル『POKEN pulse』が仲間入り

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

poken_biz01

自分のSNSのアカウント名やブログのアドレスを“タッチ”するだけで交換できる、スイス生まれのデジタル名刺ガジェット『POKEN』のビジネス向けモデル『POKEN pulse』が、フォーカルポイントコンピュータより10月初旬に発売されます。既存モデルでは64件までだったID保存数は実質無制限に引き上げられ、2GBのUSBメモリーも搭載。デザインもビジネスシーンにもふさわしいUSBメモリータイプを採用しています。同社のオンラインショップ『Focal Store』ではすでに予約を受け付けており、販売価格は4480円(税込み)です。

poken

『POKEN』は、名前やメールアドレスだけでなく、自分のブログやホームページのアドレス、『mixi』などのSNSアカウント名を簡単に交換できるデジタル名刺ガジェット。日本には2009年春に上陸して、ブロガーのパーティなどでよく使われるようになりました。

poken_biz04

使い方はかんたん。『POKEN』の手のひら同士を1~2秒タッチするだけでデータの転送は完了します。あとは、パソコンのUSBポートに接続すれば、専用サイトでデータを交換した相手の情報を確認してVCardをダウンロードすれば、お互いの情報にアクセスすることができます。相手のデータが更新されたときも、いつでも最新の情報にアクセスできるため、紙の名刺のように管理にわずらわされることもありません。

poken_biz06

『POKEN pulse』では、2GBのUSBメモリーを搭載したことにより、これひとつでデータの持ち運びとプロフィール交換が可能になりました。デザインも、キャラクターを前面に押し出した従来の『POKEN』とは違い、ビジネス対応のUSBメモリータイプを採用。キャップにはキーチェーンなどに取り付けられるように、ストラップホールが付いています。

また、従来モデルでは64件までだった相手のID保存数も実質無制限まで引き上げられています。使い方は、従来どおり手のひら部分を“ハイタッチ”することでデータを交換。もちろん『POKEN』と『POKEN pulse』のデータ交換も可能です。従来モデルでは半年程度だった電池の寿命も、『POKEN pulse』では約8ヶ月、最大で12ヶ月まで改善されました。

poken_biz02

人と会うことの多い営業マン、展示会やセミナーなどに参加することの多いビジネスマンの方に、ぴったりのデジタル名刺ガジェットです。新しいもの好きにもかかわらず、『POKEN』がかわいすぎて手を出しそびれていたビジネスマンの方、『POKEN pulse』で“ハイタッチ”に参加してみてはいかがでしょうか。
 
 

■関連記事
少年の心を忘れない大人たちへ『Nintendoファミコンコントローラー型名刺ケース』
こんな名刺もあるの!? 電子工作名刺などデザイン名刺集
ファン待望の進化を遂げた『チョロQハイブリッド! リモコンタイプ』など発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。