ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

超軽量! 重さわずか9gのBluetoothハンズフリーヘッドセット

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

lbths050c2bk-l

携帯電話の通話やパソコンでのチャットをハンズフリーで行える、重さ約9gの超軽量ハンズフリーヘッドセット『LBT-HS50C2シリーズ』が、ロジテックより10月上旬に発売されます。同社より8月に発売された『LBT-HS12xシリーズ』の重さ11.6gよりもさらに軽くなっています。Bluetooth対応の携帯電話をカバンに入れたまま、ヘッドセット側の操作で着信応答・通話も可能です。

『LBT-HS50C2シリーズ』は、インナーイヤーで片耳に装着するタイプのハンズフリーヘッドセット。相手の声が聞こえやすく、また周囲の音からも遮断されないため外での使用にも適しています。Bluetoothのハンズフリー通話プロファイル『HSP(Headset Profile)』および『HFP(Hands-Free Profile)』に対応しています。

1回の充電で、最長約10時間の連続通話、約200時間の待ち受け時間を実現するタフなリチウムポリマー電池を搭載しながら、サイズはW25.7×H35.9×D19.0mm、重さ約9gと、驚異的な超軽量設計です。軽くて装着感が良いため、耳に負担をかけずに長時間使用することができます。

lbths050c2sil-l

Bluetooth機能を搭載した携帯電話、パソコン、ゲーム機などでは、面倒な配線いらずでワイヤレス通話やチャットをすることができます。携帯電話をカバンに入れたまま、パソコンやゲーム機から離れての通話・チャットも可能ですので、ケーブルのわずらわしさから逃れて自由にコミュニケーションを楽しめます。ちなみに『PlayStation 3』でボイスチャット動作確認済みだそうです。

接続相手の機器が電源オフになったり、ペアリングが解除された場合には5分間待機した後に自動的に電源がオフになりますので、省電力時の無駄なバッテリー消費を防止する機能もあります。色は、ブラックとシルバーの2色、価格はオープンです。
 
『LBT-HS50C2シリーズ』主な仕様
伝送方式:FHSS
周波数範囲:2.4~2.480GHz
通信距離:約10m(使用環境によって異なる)
送信出力:Class2
電源:内蔵型リチウムポリマーバッテリー
充電時間:約1時間
連続使用時間:通話 約10時間/スタンバイ 最大約200時間(使用環境により異なる)
セット内容:本体、イヤーフック、USB充電ケーブル、マニュアル(保証書付き)
 
 

■関連記事
約10時間も手ブラで使える! Bluetoothハンズフリーヘッドセット
携帯ストラップサイズの『Bluetoothヘッドセット』
周囲の音も聞きながらチャットできる片耳タイプのヘッドセット、バッファローコクヨサプライより発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。