ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

J・A・シーザーさん&幾原邦彦監督トークショーも!『寺山修司 映像詩展2013』で名作を一挙上映

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

作家・詩人・劇作家としてだけでなく、映像作家としても数々の作品を残している寺山修司(1935-1983)。その没後30年の節目となる『寺山修司 映像詩展2013』が2013年4月13日から19日まで、東京・渋谷PARCOパート3にあるシネクイントで開催されます。

今回、1971年に公開された長編『書を捨てよ、町へ出よう』をはじめ、俳優・三上博史のデビュー作でもある『草迷宮』などの実験的な短編作品も含んだ28本をまとめて上映。その先鋭的な作風で多くのファンを魅了した映像をスクリーンで観ることができます。

また、2013年4月18日19時からの自伝的作品『田園に死す』上映後には、『演劇実験室◎万有引力』主宰者のJ・A・シーザーさんと、アニメ『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』監督の幾原邦彦さんのトークショーが決定しています。
寺山の劇団『演劇実験室・天井桟敷』で劇伴を担当し、その表も裏も知り尽くしているシーザーさんと、学生時代に『天井桟敷』の舞台に足しげく通ったという幾原監督は、どちらも寺山の演出や表現を受け継いでおり、その魅力や方法論を直接聞ける貴重な機会になりそうです。

チケットは鑑賞日の3日前から劇場・Webで発売されるほか、10000円のフリーパスが既にシネクイントで発売になっています。今なお多くのクリエイターに愛され続けている寺山作品をより深く知るチャンス。映画ファンだけでなく、幾原監督のアニメが好きだという人もチェック必須です。

寺山修司 映像詩展2013
http://posterharis.com/2013_terayama_eizoushiten

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP