体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

じん(自然の敵P)1万4千字ロングインタビュー・音楽を使って物語を伝えたい(3)

じん(自然の敵P)1万4千字ロングインタビュー・音楽を使って物語を伝えたい(3)

今回は『NETOKARU』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/301716をごらんください。

じん(自然の敵P)1万4千字ロングインタビュー・音楽を使って物語を伝えたい(3)

100パーセントにしない作り方

―最近のニコ動の曲はけっこうBPMの速い曲が多いですよね。そういうのは意識しますか?

じん: たしかに曲を速くするというのは僕もわかる部分はあります。ただそれはなんていうか、BPM180くらいの曲が流れ続けているライブハウスでBPM160の曲をやったら「遅い」って思われるかもしれないじゃないですか。だからBPMを速くしたいというよりは、その場に合ったBPMというのがあるかもしれないとは思います。ただまあ、その一方で僕はそんなの全然気にすることないとも思ってますね。BPMが遅い曲をみんなやっていないなら、あえて遅い曲を作って、そこにみんなが好きになってくれそうな要素を詰め込んだらどうなるんだろう、とか思いますね。同じような話だと、ニコニコ動画でロックっぽい曲がすごく流行り始めたことがあったんですけど、そこで僕は「如月アテンション」っていうアイドルポップみたいな曲を投稿したんです。そしたらわりと好意的に聴いてもらえたんですよね。だから必ずしも速いからいいというわけじゃない、○×クイズでみんな○へ行ってるのに自分だけ×に立って正解したみたいな、そういう感覚じゃないかなと思います。

―じんさんの場合はストーリーを4分半だったら4分半に収めるために、言葉の数を増やさなきゃいけないから必然的に曲が速くなることがあるかもと思ったんですけど、いかがですか?

じん: たしかに、小説みたいに言葉を詰めこむのはまあ無理ですよね。だからこそもう完全に引き算ですね。「ここはいらない」「ここ入らない」っていう形で削っていって、それでもやっぱり幅が足りなくなる。でも、だからといって7分とかの曲にしてしまうと、むしろストーリーが曲を邪魔してるっていうものになってしまうんですよ。さっき「4分半」って言ったのは、音楽とストーリーが一番ちょうどよく収まる長さだと思うんですよ。1番、2番、ラスサビっていうのは起承転結に近いものがあるんですけど、それを収めるための長さとして。

―その中に、ある程度の引き算をしながら物語を収めていくわけですね。

じん: そうなんですよ。それに100パーセントのストーリーを語るのが不可能だとしても、たとえば70パーセントだったらいけるというのが、連作で作る上で一番の魅力になることだと思うんですよ。つまり描けなかった30パーセントが、別の70パーセントの曲の中に含まれている形にできるんですよね。さらにその曲で描けなかった部分は別の70パーセントの曲に内包されている。そうやって数珠つなぎにした時に、1つ1つが補い合ってちゃんと100パーセントに見えるのはいいことだなと思うんですよ。「この30パーセントはどうなってるの?」って興味を持って聴いてもらえるし、「次の曲が楽しみだ」って思えるし、わからなかった部分が解決したらスッキリしてもらえるし。

―それをあえて最終的に100パーセントにしないような作り方には興味がありますか? リスナーに真相を想像させるような。

じん: 全く何が起きたかわからないのはダメだと思うんですよ。だけど結末が何パターンか想像できるようなものはいいと思います。たとえば「このあと主人公が死ぬのか死なないのか」みたいな余韻を残す終わり方はすごく好きです。要するに結末はわからないけど、曖昧なわけではない。実はさっき星新一さんが好きだって言った理由も本当にそこで、物語の終わらせ方なんですよ。星新一さんの作品で、地面に空いた穴に物を投げ込む話があるんですけど、ご存じですか?(※星新一のショートショート『おーい でてこーい』)。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会