ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

使用中アプリのCPU使用率とメモリ使用量をリアルタイムに確認できるスモールアプリ対応タスクマネジャー「Real Time Task Manager」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperiaのスモールアプリ機能に対応したタスクママネージャーアプリ「Real Time Task Manager」がGoogle Playストアでリリースされました。アプリの価格は無料。対応機種はスモールアプリが利用できるXperiaスマートフォン・タブレット。Real Time Task Managerは、システム内で動作しているアプリやサービスのプロセスを小窓で一覧できるアプリ。リストはリアルタイムで更新されます。ほとんどのAndroid端末では、タスクマネージャーはフォアグラウンドで表示されるので、操作中のアプリのリアルタイムなCPU使用率やメモリ使用量を把握することは難しいのですが、このアプリを使えば、例えば、WEBブラウザを使用している場合や動画を視聴している間のCPU使用率やメモリ使用量をリアルタイムに確認することができます。アプリの利用方法は、Google Playストアから該当アプリをインストールし、起動アプリ一覧のスモールアプリランチャーから起動します。各プロセスのリソース使用状況は大体1秒おきに更新されます。CPU使用率やメモリ使用量の順にソートすることも可能です。各プロセス名をタップするとアプリ詳細画面が開きます。「Real Time Task Manager」(Google Playsストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、初代Padfone向けにAndroid 4.1.1(Jelly Bean)へのアップデートの提供を発表
HTC端末のPC管理ソフト「HTC Sync Manager」がv2.0.40.0にアップデート、iPhoneからのデータ移行をサポート
Smart scrollやSmart pause、指を使ったAir ViewなどGalaxy S IVの新機能を紹介した非公式デモ映像4本

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP