体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お金が大好きすぎるあなたにオススメ! 日本科学未来館の企画展『波瀾万丈! おかね道―あなたをうつし出す10の実験』

rimg00462

現代に生きる私たちにとってはとても身近で、手にしない日はない“お金“。たくさんあればうれしい! なければ悲しい。分かっているようでそれほど分かっていない、そんなお金についてもっと知ろうという企画展が日本科学未来館で行われています。

展示タイトルは『波瀾万丈! おかね道―あなたをうつし出す10の実験』。自分の本性が分かったりするのはちょっとこわいですが、お金に興味津々な筆者も展示を体験してきました。

ミライ銀行ATM

入場してすぐに設置されているのは“ミライ銀行”のATM、ここから実験は開始されます。

実験1

最初は見知らぬ誰かとお金を分け合う実験です。どう判断するかでその人の傾向が分析されます。

実験1の結果

私はどんな傾向があるのでしょう……「ホモエコノミカス」。なんだか難しいですね。初めて聞く単語です。

実験の意味とホモエコノミカスについての説明

それぞれの実験場には、実験の解説となる「実験のふりかえり」「実験のタネあかし」のパネルが展示されています。実験の意味や結果について、経済学や心理学、科学的な視点から詳しく解説されています。こちらは「ホモエコノミカス」についてのパネル。

1円でもお金を受け取り、得をしようとする……これが[ホモエコノミカス]の行動です。しかし現実には、自分が損をしても「平等じゃないのはいやだ!」「相手を罰したい!」といった感情にもとづく行動をとる人が多くいます。”

あいたたた、自分にはこんな傾向があるんですね。実験の中ではこんなふうにあまり自分では見たくない結果をつきつけられたりします。

両替所

一つ目の展示のそばには「両替所」が。ここで銀行の通帳のような『おかね道手帖』をもらえます。

おかね道手帖

『おかね道手帖』に、実験の結果を記録していきます。

『おかね道の町』には実際の生活にある場面をイメージした様々な実験場があります。

カジノ風の実験場

カジノのような雰囲気の実験場。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。