体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「自分が作りたいゲームを作ろう」 日本のインディーズゲームを世界へ発信するイベント『BitSummit』レポート

「自分が作りたいゲームを作ろう」 日本のインディーズゲームを世界へ発信するイベント『BitSummit』レポート

日本のインディーズゲームを世界へ発信することを目的に、日本のゲーム開発者と海外メディアを集めたイベント『BitSummit』が3月9日に京都で開催されました。「インディーズゲーム」と聞くと、日本では個人やサークルで制作される小規模なゲームや同人ゲームが連想されます。プラットフォームもパソコン(PC)ゲームやウェブゲーム、スマートフォン用アプリなどさまざま。海外ではパブリッシャーから独立した法人やプロがコンシューマー機向けに開発したゲームも含まれ、PS3『風ノ旅ビト(原題:Journey)』など高い評価を集める作品が生まれています。これらに共通するのは「自分の作りたいゲームを作る」という姿勢。「インディーズゲーム=自分の作りたいものを作ったゲーム」と定義するとスッキリするのではないでしょうか。そんな「自分が作りたいゲームを作る」人たちにエールを送った同イベントのレポートをお届けします。

日本のインディーズを代表する開発者がそろって出展

天谷氏の新作『Gero Blaster』トレーラーを公開

日本のインディーズゲームでサクセスストーリーを体現している作品といえば『洞窟物語』。PC用フリーゲームが海外で人気を博してDSiウェア版やWiiウェア版、STEAM版が展開し、国内でもDS用に移植された人気ゲームです。『BitSummit』では開発者である開発室Pixelの天谷大輔氏を大フィーチャー。この春iPhoneアプリとしてリリース予定の『Gero Blaster(日本語名:ケロ ブラスター』のトレーラーが上映されるというサプライズがありました。

Gero Blaster Trailer(YouTube)
http://youtu.be/op8FRV-hyO4

開発室Pixelブース

ブースでは天谷氏が自作の缶バッヂとポストカードをプレゼントするなど、開発者やメディアのファンと交流する姿が見られました。

参考記事:ついにDSiウェアで発売された『洞窟物語』イベントレポート
http://getnews.jp/archives/153642[リンク]

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。