体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコミュ『千本桜』主演・加藤和樹インタビュー

加藤和樹

10月7日生まれ 愛知県出身
2005年ミュージカル「テニスの王子様」で脚光を浴びる。
2006年4月ミニ・アルバム「Rough Diamond」でデビュー。
現在までに10枚のシングル6枚のアルバムを発表し、リリースと平行して全国LIVE TOUR、日比谷野外音楽堂、日本武道館など単独ライブも精力的に活動。2009年には韓国、台湾、中国でCDデビューを果たし、上海や北京でもLIVEを行うなどアジアにも活動の場を広げている。
また、俳優としてはドラマ「仮面ライダーカブト」「ホタルノヒカリ」「インディゴの夜」映画「ギララの逆襲」(ヴェネチア映画祭招待作品)、「恋極星」(上海国際映画祭ノミネート作品)、「湾岸ミッドナイトTHE MOVIE」「神様ヘルプ」「CMタイム」などに出演。
2013年デビュー7周年を記念して、4月24日にニューシングル「軌跡」をリリース。

――よろしくお願いします。僕はこういったインタビューをするのがはじめてなのですごく緊張しています。加藤さんははじめての舞台は緊張しましたか?
加藤和樹:緊張しました。はじめての舞台は『ミュージカル テニスの王子様』だったんですけど、人前に立って歌って芝居をするのがはじめてだったので、大丈夫かな、って不安もすごくありました。あの作品って同年代の子たちが部活みたいに一致団結してがんばろう、という作品なので、そういう仲間がいてすごく心強いことも有りました。ひとりでステージ上にいきなり立て、って言われるとすごく緊張したと思うんですけど、ああいうみんなでつくり上げるというのがあの時の自分にとってはものすごく心強かったですね。舞台がほとんどはじめての人ばかりだったので、その気持も共有しあえる。そういう強さみたいなものは有りました。

――今回のメンバーはどうでしょうか?
加藤和樹:今回の舞台は30代がいないんですよ。湯澤幸一郎さん、コバケン(小林健一)さん、岸祐二さんとかは40代ですし、他はほとんど20代で、AKBの子は10代です。ちょうど真ん中がいなくて、30代には僕が一番近い感じです。

――仲はいいですか?
加藤和樹:すごくいいですよ。岸さんがお父さん的存在、というとちょっと失礼ですけど(笑)兄貴的な存在でいてくださって、若い子に足りないところをいろいろご教授してくださります。僕はその間に挟まれながら、自分でできるところは自分でやりますし、やっぱりまだ先輩たちに教わることもたくさんあるし、逆に若い子から教えられることもありますね。今回の演出が茅野イサムさん。舞台がはじめての方のためにみんなで一緒にウォーミングアップや、セリフの発し方、いい声で、いい滑舌じゃないと人に届かないんだよ、とかも含めて教えてくださりました。茅野さんに一番言われたのは、いまどきの若い子たちって言葉で何かを伝えるという事がうまくない。メールで済ませてしまうことも多いと思うんですけど、本当に伝えたいことは言葉で言うべきだという思いもあります。

――言葉にするのが苦手になっているんですかね?
加藤和樹:どうしても言葉が流れてしまいがちになりますよね。「本当に今一番伝えたいことってなんなの?」っていうのがない。僕自身もそうなんですけど、人前でしゃべるときに早口になってしまったりとか、結局何が伝えたいのってなってしまうんですよね。多少、もう一回見つめなおしてそれをお芝居でやるという。すごくいい現場だなと思います。すごく大切なことがいろいろありますね。

――演出家の茅野さんが厳しい方だというのをよく耳にするのですが、どういう感じですか?
加藤和樹:厳しいのはもちろんあります。ただ怒っているだけではなく、もっと良くなる可能性があるからこそ「それは違う」とか教えてくれるわけで、すごく愛がある人です。稽古の時間ももちろん限られているわけで、その時間をちょっとでも割いてでも良くしたいというか。乗り越えないといけないころを気づかせてくれる人ですね。結局、それで出来ないまま舞台に立って恥をかくのは役者自身なので。

1 2次のページ
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会