体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「どこにも入園できないという絶望感、仕事も失いそう」保育園入所不承諾への異議申し立て実行@大田区

大田区役所

この記事はフリーライターの矢島詩子さんよりご寄稿いただいたものです。この問題については引続き矢島さんのブログで執筆されるとのことですので、興味あるかたは矢島さんのブログもあわせてご覧ください。

保育園入所不承諾への異議申し立て実行@大田区

大田区役所

各所で報道されているとおり、3月7日、大田区の親子が集団異議申し立てを行いました。

朝10時の集合に合わせて集まったのは、ご夫婦2組を含む14人の親子。そのうち1名は、今日のことを知らずに預け先の相談に区役所へ来た方が急遽加わりました。

大田区役所

マスコミも多数集まりました。ほぼ一通りの報道機関が集まっていたので、この問題への注目度がより高まることを願います。

大田区役所異議申立て

申し立て書を読み上げるのは今回の異議申し立てを呼び掛けた遠藤さんご夫妻。

3月で1歳になる娘の咲良ちゃんも一緒です。

大田区保育サービス課の市野由香里・待機児担当が、申し立て内容を読み上げる親たちの真剣な訴えを聞きながら、人数分の申立書を1通ずつ受け取っていました。

一通ずつの提出になったのは、申立書に一人一人の声が書かれているので、しっかり受け止めて欲しいため、という願いも込められています。

申立人の中には、読み上げながら涙をこらえる方も。

泣きたくなるのも当然です。

どこにも入園できないという絶望感、仕事も失いそうになっている、そして生活基盤への不安に直面している人たちばかりです。

大田区小泉参事

 保育サービス課長・小泉邦雄参事は、大田区の待機児童の現状と平成25年度の待機児童数、そして今後の施策について、「待機児童解消の取り組みをさらに強化して、保育サービスの質の確保が重要と考えているので、基盤整備に力を入れていきます」と話していました。

杉並区のように、この場で緊急的な施策が発表されることも少し期待していましたが、残念ながらありませんでした。

今後の動きは

本日の異議申し立ての後、大田区は申立人に対して何らかの回答をすることになります。

また、大田区ではこれから保育園入所の2次選考が行われるため、辞退者などの枠によって、1次選考で不承諾だった人でも、入園できる人も少しは出てくるかもしれませんので、その結果を待つことになります。

しかし、400人もの待機児童がいるなか、この行動によって申立人たちがすぐに入園できるとは限りません。

今日、申し立てした人たちは4月からの預け先として、ようやく見つけた、自宅から離れた認証保育園に入園する人もいれば、友人に預かってもらうという人もいます。

それぞれの家庭の事情、勤務時間などで違いはありますが、どれも長く続けるべきでない保育状況と言えるでしょう。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。