ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2013:中国移動向けTD-LTE対応スマートフォン4機種(HTC/LG/Huawei/ZTE製)が発表、ZTE端末のRAM容量はなんと4GB

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の大手キャリア 中国移動が今年半ばにTD-LTEサービスを本格開始するのに合わせて投入されるスマートフォンがMWC 2013期間中に発表された模様です。2月28日で閉幕したMWC 2013の会場付近では、Global TD-LTE Initiativeと中国移動が主催した第7回目nLTE TDD/FDD International Summit(通称:GTI Summit)が行われ、その際、発表されたそうです。端末メーカーはLG、HTC、ZTE、Huaweiの4社で、各社ともハイスペック仕様のスマートフォンが1台ずつ提供される見込み。会場内で公開されたスライド資料によると投入時期は2013年6月~8月となっています。HTCが投入するのは「HTC TD 101」というAndroidスマートフォン。見るからに「HTC One」ですね。HTC Oneとの違いはストレージバリエーションに16GBモデルが存在し64GBモデルが存在しない点と、対応する規格の種類の多さ。HTC TD 101では、TD-LTE、FD-LTE、TD-SCDMA、WCDMA、GSMに対応する模様。LGが投入するのは「Optimus Vu II Plus」。画面比4:3のOptimus Vu IIのTD-LTE版でしょう。Optimus Vu IIとの違いは、プロセッサが1.5GHzクアッドコアにアップグレードされている点と、HTC TD 101と同様に対応する通信規格の種類の点。Huaweiが投入するのは「Ascend D2-TL」。CES 2013で発表された画面サイズ5インチのAscend D2のTD-LTE対応版のようです。Ascned D2-TLでは、5つの通信方式に対応し、LTE cat 4にも対応する点がAscend D2との大きな違いとなるようです。最後に、ZTEが投入するのは「ZTE U9810」。5インチHDディスプレイ、5種類の通信規格・10種類の周波数帯に対応することが記載されています。別で出てきたU9810のスペックシートによると、プロセッサは1.7GHz駆動のデュアルコア、RAM容量はなんと4GB。Source : ifanrMyDrivers



(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技、カスタムROM「MIUI v5」のオープンベータ版をMI2向けに提供開始
PlayStation 4で提供されるAndroid/iOSアプリ「PlayStation App」のUI画像
Acer、”Phablet”系の新型スマートフォン「Liquid S」の投入を計画?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP