体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「拡散希望」はいつ頃から使われているのか?

拡散希望」はいつ頃から使われているのか?

今回はdergeistさんのブログ『長椅子と本棚』からご寄稿いただきました。

「拡散希望」はいつ頃から使われているのか?

今やTwitterの悪しき伝統となりつつある「拡散希望」。このような「拡散」という言葉の用法は、最新版のWikipediaの項目で説明されるほどに浸透しています。

インターネット上における拡散

物理的現象の拡散とは異なるが、インターネット上で情報が広がることを拡散と言う。特にTwitterなどでよく用いられる言葉であり、拡散行為が荒らしと見なされる、あるいはデマが拡散するなどの問題点も少なくない。

「拡散(2012年12月22日 (土) 15:13版)」 『wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=拡散&oldid=45483250

ところで、このWikipedia説明には少しおかしなところがあります。「インターネット上で情報が『広がる』ことを拡散という」としておきながら、挙げられている実例は、Twitterなどで情報を「広げる」ことになっているからです。

この、「広がる」なのか「広げる」なのかという混乱は、本来「拡散」とは自発的に広がる様子を指す言葉なのに、Twitterなどでは意図的に広げる様子を指す言葉として用いられている、というところから生じているように思います。「拡散希望」というときの「拡散」の用法は、本来の用法から大きく逸脱しているのです。

自動詞の「拡散する」と他動詞の「拡散する」

ほかにこのことを指摘している人はいないかと調べてみたところ、昨年12月時点でこれを指摘した記事を発見しました。

拡散と浸透は,なんとなく似てる感じで,どちらもものが広がっていくみたいな意味だ.
例えば,”ポップコーンが拡散した”とか”DNSが浸透した”みたいな感じで,自動詞として使われる.
ところが,インターネットでよく見る”拡散”は,自動詞ではなく他動詞として使われていることが多い.

「拡散はさておき,浸透について #拡散お願いします」 2012年12月22日 『ゆううきブログ』
http://yuuki.hatenablog.com/entry/2012/12/22/拡散はさておき,浸透について_%23拡散お願いします_

ここで指摘されている通り、本来「拡散」は自動詞的に使われ、自発的に広がる様子を指します。この用法に習うなら、「情報が拡散する」といわれるべきでしょう。しかし、Twitterなどでは、「この情報を拡散してください」という仕方で、他動詞として用いられることが多いように思います。このような変化は、なぜ生じたのでしょうか。

本来の「拡散」の用法

本来の「拡散」の用法を確かめるところから始めましょう。先ほど引用した日本語版Wikipediaの最新版では、はじめに「拡散(かくさん、英語: diffusion)とは、粒子、熱、運動量などが自発的に散らばり広がる物理現象である」とあり、「自発的に散らばり広がる」と明記されています。また、本来は科学用語で、情報ではなく、粒子や熱、運動量といったものに関して言われるものです。(孫引きになってしまいますが、この記事の目的にとってはこれでよいかと思い引用しました。なお、このWikipediaの記述はIUPAC Gold Book – diffusion *1 を翻訳しての引用であると出典が示されています。)

*1:「diffusion」 『IUPAC Gold Book』
http://goldbook.iupac.org/D01716.html

現在Twitterなどでよく見られる用法も、元はここから派生したのだと思われます。それでは、この派生と自動詞から他動詞への転換は、いつ生じたのでしょうか。

Wikipediaとアンサイクロペディアにおける「拡散」の他動詞的用法の出現時期

先ほどから引用しているWikipediaに、「インターネットにおける拡散」という用法が追加されるのは、2011年5月のことです。

「「拡散」の版間の差分」 『wikipedia』
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=拡散&diff=prev&oldid=37456296

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。