ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、ARROWS A 201Fのソフトウェアアップデートを開始、緊急速報メールアプリの不具合改善、時刻がずれる事象やリブートする事象にも対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは2月25日、富士通モバイル製Androidスマートフォン「ARROWS A 201F」に対して、システムの不具合解消を目的としたアップデートの配信を開始しました。今回のアップデートで、緊急速報メール/緊急地震速報の受信メッセージ一覧の表示後にメッセージを受信すると、ポップアップが表示されないことや、緊急速報メールアプリ起動時にホームボタンを押してホーム画面に戻った後にそのまま画面が消灯すると、緊急速報メール受信時の警報音が1秒弱しか鳴らないといった緊急速報メールアプリの不具合が解消されるほか、時刻がずれる事象、稀にリブートしてしまう事象も改善されるそうです。更新ファイルは端末単体でダウンロード可能(Wi-Fi/3G)、「本体設定」→「その他の設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「データ取得開始」より手動で即時アップデートさせることができます。アップデート後のソフトウェアビルドは「V51R40E」。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia J(ST26i/ST26a)のPTCRB認証にJelly Beanベース?の「11.2.A.0.21」が追加
ASUS、MWC 2013で5インチフルHDの「Padfone Infinity」と「Fonepad」を発表へ
MWC 2013:Intel、スマートフォン・タブレット向け新Atom SoC "Cloer Trail+”を発表、「Z2580」「Z2560」「Z2520」の3種類をラインアップ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP