ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2013:NVIDIAがTegra 4iプロセッサのリファレンス端末“Phoenix”を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫


NVIDIAが『MWC 2013』の会場内で“Phoenix”と呼ばれる『Tegra 4i』プロセッサのリファレンスデザインを披露していたそうです。『Tegra 4i』はNVIDIA初となるアプリケーション・プロセッサとLTE対応マルチモードモデムをワンチップに統合したSoC。Cortex-A9 r4ベースの”4-plus-1”アーキテクチャーを採用したクアッドコアCPUと60コアのGeForce GPU、IceraのLTE cat 4対応のマルチモードモデム『i500』が収められていながらも、サイズは『Tegra 4』よりもコンパクトに仕上がっています。

『MWC 2013』会場で披露された“Phoenix”は開発向けの製品で、コンシューマー向けに販売されることはないそうです。スペックは、Android 4.2(Jelly Bean)、5インチ1920×1080ピクセルの液晶、Tegra 4iプロセッサ、1300万画素カメラを搭載。筐体は厚さ8mmの薄型仕様となっています。

『Tegra 4i』プロセッサでは、タッチ処理をTegraプロセッサがオフロードして応答性能を高める“Direct Touch”、液晶の各ピクセルの輝度と彩度を調整してバックライトの電力を低減する“PRISM 2”、カメラ技術“Chimera”が組み込まれています。“Chimera(キメラ)”は『Tegar 4』ファミリーに追加された新機能で、イメージセンサーからの映像信号をNVIDIA CP エンジンを介してISP、CPU、GPUで処理することで、従来比で10倍高速なHDR処理が可能になります。これにより、HDRを適用したままでのプレビューや連写、動画やパノラマ写真の撮影も可能になります。
Source : Engadget



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「AQUOS PHONE SH-06D」「SH-06D NERV」「AQUOS PHONE EX SH-04E」「Galaxy S II SC-02C」「MEDIAS X N-07D」「Optimus bright L-07C」のソフトウェアアップデートを配信開始
Samsung、米国・ニューヨークで3月14日にGalaxy S IVの発表イベントを開催、MWC 2013で一部のメディアに招待状を公開
KDDI、Firefox OS搭載スマートフォンを日本市場投入へ

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP