ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本日発表された『プレイステーション 4』と『デュアルショック4』&『PlayStation4 Eye』の詳細情報

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今朝『PlayStation Meeting 2013』にて発表となったSCEの新ハード『PlayStation 4(以下、PS4)』。価格や本体の外観は発表されず、いくつかのタイトルが発表されたのみとなった。そんな『PS4』の詳細情報がSCEより届いたので再度お知らせしたい。

ロゴ

ロゴは「PS4」と書かれたシンプルなもの。PS3のロゴにも多少にている。初代『プレイステーション』の頃から使われているプレステロゴも健在である。

デュアルショック4

新コントローラーの『デュアルショック4』はリーク情報そのままであった。基本的には過去の『プレイステーション』シリーズのコントローラーを継承しつつ、タッチパッドに「OPTION」ボタン、「SHARE」ボタンが追加されている。しかし「SELECT」「START」ボタンが見当たらない。コントローラー中央にはスピーカーのようなものも見当たり、下部にはジャックも見られる。これはステレオヘッドホン/マイク端子で手元のコントローラーを通じて音を聞くことができる。ヘッドセットは『PS4』に同梱される予定。

『デュアルショック4』の上部にある青いネオンは3色のLEDを配置したライトバーとなっており、複数のプレイヤーで遊ぶ際に区別することが可能。またキャラクターがダメージを受けた際に色が反応するといった表現も可能。個人的にはコントローラーを床に置いた際に、L2やR2が暴発して民間人を攻撃してしまうという仕様を改善していてほしい。見た限りは同じ暴発が起きそうだが……。

デュアルショック4の仕様
外形寸法:約162mm x 52mm x 98mm (幅 x 高さ x 奥行き) (予定、最大突起物除く)
質量:約210g (予定)
キー・スイッチ類:PSボタン、SHAREボタン、OPTIONSボタン 方向キー(上下左右)、アクションボタン(○×△□)、L1/R1/L2/R2ボタン、左スティック/L3ボタン、右スティック/R3ボタン、パッドボタン
タッチパッド:2点検出式タッチパッド、クリック機構、静電容量方式
モーションセンサー:6軸検出システム(3軸ジャイロ、3軸加速度)
その他の機能:ライトバー、振動機能、スピーカー(モノラル)内蔵
主な端子:USB端子(Micro B)、拡張端子、ステレオヘッドホン/マイク端子
無線規格:BluetoothR Ver2.1+EDR準拠
バッテリー:電池種類 内蔵型リチウムイオン充電池
      電圧 DC3.7V (予定)
      電池容量 1000mAh (予定)




PlayStation4 Eye

新デバイス『PlayStation4 Eye』は対角視野角85度の広角レンズを持った二つの高感度カメラを搭載。空間の奥行きまで正確に検出可能となっている。また4コのマイクが搭載されており、音源の方向も特定することが可能となっている。プレイヤーの顔の画像をあらかじめ『PS4』本体に登録して顔認識ログインすることや、体の動きや音声などで直感的にゲームを楽しむことが可能になる。

PlayStation4 Eyeの仕様
外形寸法:約186mm x 27mm x 27mm (幅 x 高さ x 奥行き) (予定)
質量:約183g (予定)
動画ピクセル:(最大)1280 x 800ピクセル x 2
動画フレームレート:1280×800ピクセル時 60fps、640×400ピクセル時 120fps、320×192ピクセル時 240fps
動画フォーマット:RAW、YUV (非圧縮)
レンズ:デュアルレンズ、F値/F2.0 固定焦点
撮影距離:30cm~∞
撮影範囲:85°
マイクロホン:4チャンネルアレイ式マイクロホン
接続端子:PS4専用端子




PlayStation4 仕様

そして本体の仕様も明らかになった。こちらもSCEの公式リリースである。CPUはx86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores、GPUはRadeoベース、メモリはGDDR5 8GBとなっている。詳細は次の通り。かなり豪華な仕様になっており、値段の方が心配になるが4万円以下で収まるだろうか。

『PlayStation 4』仕様
Main Processor Single-chip custom processor
CPU:x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores
GPU:1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon™ based graphics engine
メモリ:GDDR5 8GB
ハードディスク:内蔵
光学ドライブ(読み出し専用):BD 6 倍速CAV、DVD 8 倍速CAV
入出力:Super-Speed USB (USB 3.0)ポート、AUX ポート
通信:Ethernet (10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T)
    IEEE 802.11 b/g/n
    Bluetooth® 2.1(EDR)
AV 出力:HDMI 出力端子
      アナログAV 出力端子
       光デジタル出力端子

以上の様に姿を現してきた『PS4』。しかし肝心の本体の姿は本日は見ることができず。『E3』までお預けか? 発売日や価格も気になるところだ。

『PlayStation Meeting 2013』で『Play Station4』発表 デュアルショック4 本体スリープ機能など

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP