ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バカルディ マンゴーモヒート(バカルディジャパン)フォトレビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

バカルディジャパンの新製品「バカルディ マンゴーモヒート」が登場。早速フォトレビューさせていただきました。
(撮影:ガジェット通信撮影班 周二郎探検隊、wosa)

「バカルディ マンゴーモヒート」(バカルディジャパン)

(メーカー公式リリースより)
世界販売量No.1ラムブランド「バカルディ」を取り扱うバカルディジャパン(株)は、サッポロビール(株)とバカルディラムを使用した本格的カクテル「バカルディ マンゴーモヒート」を2013年3月13日(水)に数量限定で発売します。
 フルーツモヒートは、バーやクラブで楽しまれている本格的なカクテルであり、当商品は、2012年10月に限定発売した「アップルモヒート」に続く “フルーツモヒート 第2弾”となります。ミントのすっきりした風味のモヒートに、人気の果物マンゴーのフレーバーを加えた甘く華やかな香りが広がるモヒートをお楽しみ頂けます。

※記事中コメントは試飲したガジェット通信スタッフによるもの。


「通常のモヒート同様、バカルディならではの安定感。極めてバーで飲むカクテルに近い味を再現できていると思います。ちょうど先日、マンゴモヒートをバーで呑んだばかりだったのですが、「そうそう、この味!」と思わせてくれました。(20代女性)」


「口に含むと、ほのかなマンゴーのフレーバーは主張しすぎることなく鼻から抜けて、モヒートのさわやかな香りが残ります。口当たりは甘いけれど、後に残らないスッキリとした飲み口は、女性にもおススメしたいところ。幾重にも折り重なる香りや味のおかげで、なかなか飽きが来ませんでした。(40代男性)」


「仕事帰りに、コンビニでお酒調達。ビールやチューハイじゃなんか味気ないという時にピッタリな商品。(20代女性)」

(メーカー公式リリースより)
バカルディ モヒートは、ラムとミントの爽やかな味わいに加え、「フローズンモヒート」「フルーツモヒート」「ホットモヒート」など多様性のある飲み方が注目のカクテルとして多くのお客様に受け入れられ、飲食店をはじめ家庭用市場でも認知度が拡大しており、ポストハイボールとして注目されています。

スペック:バカルディ マンゴーモヒート

■パッケージ:350ml缶

■区分:リキュール(発泡性)①

■発売日:2013年3月13日(水)、数量限定

■アルコール分:6%

■参考小売価格:189円(税抜き)

メーカー公式サイト

バカルディジャパン

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP