ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「障がい」表記について。

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回はあべ・やすしさんのブログ『hituziのブログじゃがー』からご寄稿いただきました。

「障がい」表記について。

去年、たくさんの ひとたちと共同論文を かいた。まだ査読まちなので、論文として掲載されるかどうか きまっていない。なので、共同で原稿を かいたというのが正確。そのとき、障害の表記を「障がい」にしたいという意見が複数でた。それについて反対意見もでた。わたしは、どっちでも いいと おもったし、そのように発言したけれど、「なぜ「障がい」にするのか、納得のいく説明をしてほしい、そうでなければ「障害」で」ということを あとで つけくわえた。

「障がい」にするなら するとして、気になることがある。たとえば、わたしは この数年、「図書館利用に障害のある人々へのサービス」というものを 紹介しつづけている。これは、障害者に対するサービスに限定されるものではない。図書館の利用に なんらかの困難がある場合、それは、図書館側が もうけてしまっている障害であり、それを解消する責任が 図書館には あるという視点に たっている。とても意義ぶかい視点だと おもいます。

この、「図書館利用に障害のある人々へのサービス」を、「図書館利用に障がいのある人々へのサービス」と表記するとすれば、それは まちがっていると おもうのです。

これは、「移動障害」や「情報障害」も おなじです。社会のありかたが、そのような障害を つくっている。社会のありかたを かえることで、移動するさいの障害や 情報を やりとりすることの障害を なくしていかなくてはいけない。この場合の障害は、問題としての障害なわけです。これを「障がい」と表記するのは、文脈を ふまえていないと感じるわけです。

さて。わたしは これまで、視覚障害というのと、移動障害というのとでは、障害の意味が ちがうと おもってきました。みえないことは、客観的な事実であって、社会のありかたに左右される移動障害や情報障害とは ちがうものだと。しかし、みえにくさや きこえにくさについていえば、社会のありかた、その場の状況が おおきく関係していることに気づくようになりました。

きこえにくい ひとが、私語が うるさすぎて、きこえないと いうことが あります。その場の状況や環境のせいで、ききたい発言が きこえない。あるいは、ルーペや拡大読書器について きちんと情報提供されていないために、みえるものが みえないと おもいこまされてしまう。みえないままにされてしまう。そういうことが あります。社会のありかたが視覚や聴覚の障害を 重度化したり、顕在化したりしてしまうということです。工夫すれば、よみやすくなる読字障害の ひとについても、おなじことが いえます。

ものごとは、イチかゼロかではない場合が ほとんどです。ただ、まったく みえない(全盲)、まったく きこえない(全ろう)という場合もあるので、社会のありかたに左右されない視覚障害や聴覚障害も あるわけです。ただし、人間が利用できる感覚は複数あるので、視覚以外、あるいは聴覚以外の感覚を つかって、移動できること、情報の やりとりが できること。それが大事です。つまり、視覚障害に注目するのと視覚障害者に注目するのとでは、みえてくるものが ちがってくるということです。全盲のひとにとって、大事なのは視覚情報以外のものだということですね。きくこと、さわること。聴覚と触覚に敏感だったり鋭利な感覚を もっていることも あるということ。それなのに、音声情報や点字資料が すくなすぎて、情報のアクセスに障害が あるということ。

ろう者も、みること、さわることに重点があり、視覚と触覚に敏感だったり、鋭利な感覚を もっていることも ある。それなのに、手話による情報や文字情報が すくなすぎて、情報のアクセスに障害があるということ。

視覚障害がないとか、聴覚障害がないということは、なにも、五感が すぐれているというわけではないのに、「わたしは健常者だ」と おもっている。点字を 触読できるほどの感覚も なければ、手話の音韻を 視認できるほどの視覚も言語的知識も ないのに、「わたしには障害がない」と おもっている。これはたんに、権力関係を 反映しているだけで、能力の差ということではない。また、「能力の差」というものが たとえ あったとしても、それを 優劣と解釈するのは おかしいという倫理観もないということ。つまり、たいしたことのない人間だということ。

わたしにも障害があると感じ、配慮が平等でないだけなんだと実感するとき、バリアフリーやユニバーサルデザインという理念の必然性が理解できるのでしょう。

わたしたちは、たいしたことのない、よわい存在です。それは肉体だけの はなしではなくて、倫理という面でも よわいのです。だから、社会の ありかたを よりよくしないと いけないのです。個人の良心まかせにしていては いけないのです。

まったく整理できていないのですが、ここまでの議論を まとめてみます。

「障がい」という表記は、障害を 個人的なこととして とらえてしまうという問題が あります。そして、社会が つくりだした障害を 問題視する視点に つながらないという問題が あります。もうひとつは、障害を 特定の ひとたちにだけ みいだしてしまっているという問題が あります。

あたりまえのことを、だらだらと かいてしまったのでしょうか。まちがったことを かいてしまったのでしょうか。わたしは よく わかりません。

執筆: この記事はあべ・やすしさんのブログ『hituziのブログじゃがー』からご寄稿いただきました。
寄稿いただいた記事は2013年02月18日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP