ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

拡張機能で内容をカスタマイズできるAndroid 4.2のロック画面ウィジェットアプリ「DashClock」が公開中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleのAndroidエンジニア Roman Nurik氏が「DashClock」と呼ばれるロック画面ウィジェットアプリをGoogle Playストアにリリースしました。DashClockはAndroid 4.2以上を搭載した端末で利用可能なロック画面の時計ウィジェットで、エクステンションと呼ばれる拡張機能により、時計ウィジェット上に現在時刻と一緒に様々な情報を表示できる点が特徴となっています。ロック画面に必要な情報を表示させたり、アプリのショートカットが作成できるというわけです。DashClockの利用方法は、Google Playストアから「DashClock」本体をインストールし、ロック画面のウィジェット追加メニューで「DashClock」を選択します。DashClockは通常、閉じた状態で表示されますが、時計の部分を下になぞると追加したエクステンションが表示されるようになります。エクステンションの追加・削除はDashClock上の設定メニューアイコンをタップすると表示される管理画面で行うことができます。「Add Another Extension」をタップすると利用可能なエクステンションがリスト表示されるので、追加したいものをタップするだけで追加できます。DashClockにはカレンダーの予約、GmailやSMSの未読数、不在着信、天気、アラーム時刻のエクステンションが組み込まれています。Google Playストアには外部の方が作成したエクステンションが公開されているので、標準以外の情報も表示させることができます。「DashClock」(Gogole Playストア)Source : Google+(Roman Nurik氏)



(juggly.cn)記事関連リンク
GoogleがNexusデバイスやChromebookなどを販売する直営店を米国でオープンさせる計画との噂
SkypeのAndroidアプリにビデオメッセージ機能が追加される見込み
Canonical、スマートフォン版Ubuntuの開発者向けプレビュー版を2月21日より提供、まずはGalaxy NexusとNexus 4用が公開される見込み

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP