体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『YouTube』がクリエーター向けに制作環境を提供するスタジオ『YouTube Space Tokyo』を見学してきた

『YouTube』がクリエーター向けに制作環境を提供するスタジオ『YouTube Space Tokyo』を見学してきた

Googleは、2月15日に『YouTube』で作品を発表するクリエーターが無料で利用できるスタジオ施設『YouTube Space Tokyo』をオープンします。六本木ヒルズ内に完成した施設の発表会にお邪魔して、一足先に施設を見てきましたよ。

「Learn」「Share」「Create」がキーワード

ロンドン、ロサンゼルスに続いて世界で3か所目に開設された『YouTube Space Tokyo』は、『YouTube』で作品を発表するクリエーターが活動する場として提供されるスタジオ施設。「Learn」「Share」「Create」をキーワードに、スタジオや撮影機材、編集室など最先端の映像制作機器を開放するだけでなく、技術サポートやトレーニング、クリエーター同士の交流によるコラボレーションの場としても提供されます。

スタジオにはグリーンスクリーンやクレーンカメラも完備 古民家風のスタジオセット 廊下! 撮影に使われているようです

スタジオにはもちろん、グリーンスクリーンやクレーンカメラが完備。メインスタジオには、撮影に使われた日本の古民家風のスタジオセットが組まれていました。映画の1本も余裕で撮れそうですね。

調整室 レコーディングスタジオ

調整室には最新の録音・編集機器がズラリ。隣にレコーディングスタジオが併設されています。

編集室

動画編集の作業やセミナーに使えるモニターとパソコン完備の編集室もありました。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。