ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コラーゲンが元気なのは関東・肌に自信アリは北・ずぼらさんは南に多い! 地域別でみる“美意識”の差

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


肌に自信のあるのは北エリア、一方美容をあまり意識していない南エリア――。コラーゲンに関する正しい情報を発信する団体『コラ活』実行委員会が行った『地域別でみる女性の美容意識に関する調査』によって、お肌とコラーゲンに関する新しい事実が明らかとなりました。

『コラ活』とは、美容成分として認知度が最も高い一方、正しい知識を持っている人は少ないコラーゲンについて正しく理解し、素肌力向上のために色々な活動を行うこと。

全国の20代、30代、40代の女性810名を対象に行った調査の内容は、コラーゲンの元気度に関わる以下の生活習慣7項目を問うテスト「“コラーゲンの元気度”チェックテスト」と、コラーゲンに関する正しい知識を問う以下の4項目のテスト『コラーゲンテスト』の回答から導き出したものです。

●“コラーゲンの元気度”チェックテスト

1)1日7時間以上睡眠をとるようにしている。
2)運動を生活に取り入れている。
3)朝起きてすぐに水分をとる。
4)寝るときは必ずメイクを落とす。
5)基礎化粧品は定期的に見直している。
6)1日5分以上リラックスできる時間を作っている。
7)肌の状態を定期的にチェックしている。

●コラーゲンテスト

Q)コラーゲンが肌(真皮)に占める割合は、水分を除くと約70%である。など4問。

これらの質問内容を見ていると分かるとおり、コラーゲンとは、もともと体内にあるものであり、外から補うだけでなく、本来自分の持っているコラーゲンをケアしてあげることが大切。日頃の生活習慣がキーとなってくるわけですが、全国を対象にした今回の調査では、地域ごとの美容意識の差に違いがあることが分かりました。

関東エリアは1番コラーゲンが元気? 一方“美容難民”が多いことが判明

「“コラーゲンの元気度”チェックテスト」では、関東エリアが堂々の1位。また、月々の美容金額は全国1位、外出時のメイク率も高く、美容意識が高いエリアであることが示唆されました。

一方でコラーゲンの正しい理解を問う「コラーゲンテスト」は平均点 51.1 点と約半分しか理解していないという結果に。さらに肌について悩んでいる人が最も多いのも関東エリアで、約6割の人が 「自分に合った美容法を専門家に選んで欲しい」と回答。美容意識は高いものの、自分の肌に自信がなく、自身に合ったケア方法が分からない“美容難民”とも言える姿が見えてきました。

美容意識は北高南低! 素肌自慢の北エリア女子はすっぴんで合コンも行ける

九州・沖縄エリアの約1割が「会社にも取引先にもすっぴんで行く」と回答。また「“コラーゲンの元気度”チェックテスト」の結果や月々の美容にかける金額も低いということから美意識は低めという結果に。

一方、北海道・東北エリアでは、合コンにもすっぴんで行く女子が日本で一番多いことが分かりました。さらに「“コラーゲンの元気度”チェックテスト」も関東に続いて2位という好成績をおさめています。北海道・東北の人は素肌がきれいで自信がある人多い、ということから「北国の人は肌がキレイ」というのがあながち間違いではないことが分かります。

ご当地おもしろ美容法。地域の特産物をお風呂に入れる人多数

地域別でのご当地美容法に関する設問では、

・牡蛎の殻をピッチャーに入れてサイフォンでこし洗顔水に使う(広島県広島市)
・みかんの皮をお風呂に入れる(愛媛県大洲市)
・ゆずをおふろにいれる(熊本県宇城市)
・甲子園で風船をふくらます(大阪府大阪市)
・お茶の葉っぱをガーゼにくるんでお風呂にいれる(静岡県浜松市)
・りんご風呂(青森県・弘前市)
・すだちパック(徳島県徳島市)

などの個性的な回答が。地域の名産物をお風呂に入れるという方法は、お母さん・お祖母さん世代から受け継いでいるものなのかもしれませんね。

定期的な肌チェックと生活習慣改善で、あなたもコラーゲン美人

同じ日本といえどもエリアによって美容意識は様々であることが分かった今回の調査。ほうれい線、たるみ、くすみなどお肌の悩みは尽きませんが、「自分に合ったメニューを専門家に選んで欲しい」というのは多くの女性共通の願望の様子。『コラ活』実行委員会のパートナー企業・化粧品メーカーの“リサージ”では店頭ではあなたのコラーゲンの元気度を診断してくれるので、自分に合ったケアを知りたい人はぜひ利用を。

『コラ活』の公式サイトにはレシピやコラムなどのお役立ち情報満載なので、チェックしてハリつや美人を目指しましょう。

「コラ活」コラーゲンを、もっと元気に!
https://colla-katsu.jp/

※画像は「足成」より引用。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP