ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年02月11日~02月17日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今週の1位
タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年02月11日~02月17日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:蟹座

運気は絶好調。好奇心が良い方向に働くようです。また恋愛運も好調。シングルの人は将来を考えるような人との出逢いがあるかもしれません。あれこれ難しく考えるよりもまずは行動に起こしてみると吉。バレンタインデーの告白は遠回しに伝えるよりもストレートに。

第2位:双子座

いつもと環境を変えてみることによって新たな気付きや刺激が得られる兆しです。これまで行ったことのない場所に出かけてみるなど積極的に行動しましょう。バレンタインデーは守りに入ると後悔するかもしれません。ちょっと冒険してみるくらいの気持ちで臨んで吉。

第3位:蠍座

前半から中盤にかけては好調。停滞していた物事がようやく動き始める兆し。また昔の知り合いと思わぬ再会があるかもしれません。バレンタインデーはこれまでのあなたの行いが反映されそうです。後半は良からぬ噂話や他者の悪意に振り回されないように気をつけて。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/289285 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:獅子座
小さな枠や狭い世界観にとらわれ過ぎないよう広い視野を持つことを心がけましょう。今は一見無駄に思えることでも時間を経てから見ると必要だったと分かることがあるはずです。バレンタインデーは目立とうとしたり凝った演出などしようとはせず慎重に過ごして吉。

第5位:乙女座
攻撃的な言動が目立つとき。意識して自制するくらいがちょうど良いようです。自分と他者とのバランスを今一度きちんと見つめ直すことが今後と左右する鍵となってくるかもしれません。バレンタインデーは余計なひと言が台無しにしてしまう可能性も。発言に注意を。

第6位:牡牛座
バレンタインデーは必要以上に世間体を気にしたり高いプライドが邪魔をすることがないよう心にゆとりを持ってどんと構えていると吉。お祭気分で楽しむくらいが良いみたい。健康運に注意信号が出ているので体調に不安を感じたら早めに対処するよう心がけましょう。

第7位:牡羊座
気持ちが浮ついてしまいがちなとき。ここぞというところで大失態をおかしてしまう可能性も。ゆえにバレンタインデーは特別盛り上げようとはりきったり期待し過ぎるとガッカリするかもしれません。いつもどおりにちょっとプラスするくらいの気持ちで臨みましょう。

第8位:水瓶座
高望みをせず自分の身の丈にあう言動をとることが肝要。もしも高い理想を求めるのであれば自分が理想にふさわしい人間になることが先決。バレンタインデーについても同様です。今週は対人運が好調。相手を楽しませようとする心意気が良い結果につながるでしょう。

第9位:射手座
精神力を試されるような週になるかもしれません。しかしここを乗り越えれば少しずつ道が開けてくるでしょう。自分ひとりで全てを背負いこもうとしないことが肝要です。バレンタインデーはひとつの区切りとなりそうです。良くも悪くも気持ちの決着がつくでしょう。

第10位:魚座
小さな不満が蓄積されそうな週。少しずつガス抜きをしておかないとある日突然爆発してしまうかもしれません。愚痴も増えそうなので周囲の人を不快にさせない程度にとどめておきましょう。バレンタインデーは急いで結論を求めようとしない姿勢が大切。あせりは禁物。

第11位:山羊座
何かと誘惑の多い週となりそうです。物事の表面的な部分ではなく本質を見るように心がけましょう。今の自分にとって本当に必要なことや大切なものを選び取るよう気をつけると吉。バレンタインデーは恥ずかしいからといってふざけた態度をとると後悔する結果に。

第12位:天秤座
心身のバランスが崩れやすいとき。不調から周囲に対する言動もひどくなって人間関係にも影響を及ぼす恐れが。調子が良くないと感じたら思い切って休むことも大切。バレンタインデーは嫉妬心に注意。他人を羨んでみてもあなたの立場が良くなるわけではありません。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。