ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

やくしまるえつこ、NHK〈みんなのクリスマスセッション〉CD化! カセット付きも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


photo by Tomohiko Tagawa

 

やくしまるえつこが、スペシャル・アルバム『RADIO ONSEN EUTOPIA』を4月10日にリリースすることがあきらかとなった。

本作は、昨年12月25日にNHK-FMで放送され、大きな反響を呼んだクリスマス特番「やくしまるえつこ“みんなのクリスマスセッション”」の音源を収録したもの。演奏はやくしまる(ヴォーカル/dimtakt)、大友良英(ギター)、木暮晋也(ギター)、永井聖一(ギター)、吉田匡(ベース)、山口元輝(ドラムス/パーカッション)、itoken(ドラムス/パーカッション)、高良久美子(ヴィブラフォンほか)、宮地夏海(フルート)、エマーソン北村(キーボード)という豪華メンバーによって行われ、レコーディングとミックスはzAkが担当。“ヤミヤミ”“ロンリープラネット”“ヴィーナスとジーザス”“ノルニル”“少年よ我に帰れ”などのオリジナル・ソングや、“北風小僧の寒太郎”“メトロポリタン美術館”“恋するニワトリ”“ラジャ・マハラジャー”“キャベツUFO”といったNHK〈みんなのうた〉でお馴染みの名曲が、スペシャル・セッションで楽しめる。CDは未放送の楽曲を含む全12曲で構成される予定だ。

また、数量限定でリリースされる特別限定盤には〈幻のエアチェックテープ〉という名のカセットテープが付属。このカセットでしか聴けない、やくしまるによるラジオ番組が収められるとのこと。なお、特別限定盤の購入者には音源データのダウンロードコードがプレゼントされるので、カセットプレーヤーを持っていないリスナーも聴くことができる。ファンはアルバムの全貌が発表されるのを楽しみにしておこう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP