ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“痛ネイル” 驚愕のクオリティを秋葉原で体験

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『Dr.スランプ アラレちゃん』のポップな色の世界をイメージ

※全ての写真を表示させるにはこちら

今や、美容室をもしのぐ勢いで増え続けている、ネイルサロン。”フレンチ”や”グラデーション”など、シンプルなデザインが主流のネイル市場だが、最近、ネットを中心に密かな注目を集めている、ある特異なジャンルが存在する。

車のボディにアニメやゲームのキャラクターを描いた”痛車(イタシャ)”ならぬ、ツメにキャラクターを描いた”痛ネイル”というものをご存知だろうか。2012年12月、秋葉原に、そんな痛ネイルを専門にするサロン『痛color’s Yellow』がオープンしたとのことで、タイムアウト東京の編集部スタッフは、その真意を確かめに訪れた。

もともとcolor’sは、渋谷、埼玉、和歌山に店舗を展開するネイルサロンだが、客からの要望でアニメのキャラクターや似顔絵などを描いた緻密なアートが評判を呼び、今回、痛ネイルを主体とした店舗をオープンするに至ったという。

ドン・キホーテ秋葉原店の1階にある同店には、他店でも評判の絵の腕前を持つスタッフ、また、美大出身の画力を誇る2名のネイリストが常駐し、10分/1,000円の価格で、1本から施術してくれる。すでに施されているネイルの上から、希望のアートを描くことも可能だ。

取材前日から何を描いてもらおうかと考えた末、この日は『Dr.スランプ アラレちゃん』をモチーフにネイルを施していただくことにした。まず、アートを始める前のケアを、素早く、しかしながら丁寧に行ってくれたことが印象に残る。一度付けると約4週間前後持続する特殊なジェルカラーをベースに引き、その上からアクリル絵の具でアートを描いていく。始めこそ半信半疑で眺めていたものの、筆先から次第に浮かび上がるガッちゃんの姿に、思わず感嘆の声が出た。

施術中、スタッフの方に話を聞いていくと、店頭にディスプレイしてある過去の作品例を見て、飛び込みで来店する外国人客も多いそう。また、取り外し可能なネイルチップもその場で作成してくれ、子どもや休日だけアートを楽しみたいという人から多くオーダーが入るそうだ。

着席から約2時間半、完成した”アラレちゃんネイル”の出来栄えと共に、痛color’s Yellowがこれまで提供した施術例を紹介しよう。

※痛color’s Yellow 過去施術例 – 『ジョジョの奇妙な冒険』モチーフ

痛color's Yellow 過去施術例 - 『ジョジョの奇妙な冒険』モチーフ

※痛color’s Yellow 過去施術例 – 『グラップラー刃牙』モチーフ

痛color's Yellow 過去施術例 - 『グラップラー刃牙』モチーフ

※痛color’s Yellow 過去施術例 – 『風の谷のナウシカ』王蟲のモチーフ

痛color's Yellow 過去施術例 - 『風の谷のナウシカ』王蟲のモチーフ

『痛color’s Yellow』の詳しい情報はこちら
http://www.timeout.jp/ja/tokyo/venue/20013 [リンク]

※この記事は、東京のイベント・お店情報サイト『タイムアウト東京』が執筆しました。全ての写真が掲載されている記事の完全版はこちら
http://j.mp/VKIRId [リンク]

■ そのほかの“東京のおでかけ情報”はこちらから
http://www.timeout.jp/ja/tokyo [リンク]

■ 毎日更新、『タイムアウト東京』のフェイスブックページはこちら
https://www.facebook.com/timeoutjp [リンク]

タイムアウト東京の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。